話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

人気配信者の日常

ノベルバユーザー399241

人気配信者の夜

何があったのでしょう?
お風呂から、リビングに行こうとしているときに、廊下で、ももさんが悶絶していました。

まぁ、何も言わず素通りをしたのですが。
この反応の仕方が正しいですよね?だって、お風呂からあがったらスマホを持ったままヤムチャ状態の妹とを見てどうしろって言うんですか?

そんなことよりご飯です。

「母さん、ご飯できました?」

「まぁ〜なぎちゃん?できたわよ〜お食べ〜」

「では、いただきます。」

豚の生姜焼きとトマトサラダ、ご飯を食べているとガチャと、玄関から音が聞こえてきました。

「まーゆーみー、なーぎーざーお父ざんがんばっだよー」

玄関からドダバダと聞こえたかと思いきやリビングの扉がいきよいよく開かれ四十代の顔が飛び込んできました。


僕のお腹に、


「グッ」

座っていた椅子が数センチ動き渚はうめき声を出し、我が父のタックルを受け止めました。

「お、、お帰り父さん」

「ただいま、渚。聞いてくれよ父さんな?職場で日曜日休むって言ってたのにな?社長がな?来てくれって、じゃないと、会社つぶれちゃうってな?行ってな?」

「あら〜あなた〜?抱きつくなら私じゃないかしら?」

「そこ張り合わなく「ただいま真由美ーーーー」」

父さんは、母さんにタックルを仕掛けに行きましたが、母さんはそれを全く動かずに受け止めていました。

慣れた光景を見ながらのんびりしているとまた、リビングの扉が開きました。

「ゲッ帰ってきていたんですか?」

「ゲッとは何だ?父さんが帰ってきたら喜ぶものだろう?ももか?」

ももさんは父さんを警戒しながら僕の後ろに隠れました。

「助けてください渚さん。」

「助けるって何からです?ももさん?」

「私達の赤い糸で結ばれた関係に嫉妬している。あの人からです」

「嫉妬って何をいっ「なーぎーさーズルいぞ。そこを変われー父さんも愛しの娘からピトッて、ピトッてされたいぞー。」」

がっつりと嫉妬していました。それでいいのか我が父よ。

「あら〜?父さん浮気ですか私が目の前にいながらしかも、浮気相手が自分の娘なんて〜」

「ち、、違うぞ真由美ーーーーは、、話を聞いてくれー。首を掴んだまま引きずらないでーーーーな、渚?桃香?助けてくれーーー」

「フンッしっかりお仕置きされてきてください。」

父さんは、母さんの部屋に連れて行かれました。

「ではでは、邪魔者も消えたのでイチャイチャしましょう渚さん」

そこからももさんによる怒涛のおねだり攻撃が始まりました。
あ~んをして食べさせてくれだの、耳かきをしてくれだの、膝枕をして頭を撫でてくれだの、仕舞には、ハグをしてくれだの。

一つ一つちゃんと聞いてしまうのでまた何度も桃さんから頼られてしまうのかもしれないのですがとびっきりの笑顔で甘えてくるのでついつい甘やかしてしまいます。

ハグをしてテレビを見ていると、「す~す~
」と寝息が聞こえてきました。

どうやら桃さんが寝てしまったようです。

可愛い寝顔を起こすのはもったいないので体制を、お姫様抱っこの状態にして、桃さんの部屋に行き、ベッドに寝かせます。

「はぁ〜黙っていればとっても可愛い妹なんですがね〜。」

黙っていればいれば自慢の妹なんです。黙っていれば!!

桃さんの部屋から出ると欠伸が出てしまいます。

どうやらもう10時半いい子は寝る時間です。(配信を夜するときは1時とか2時に寝ますが)

明日は学校があるのでもう寝ましょう。

部屋に行きベッドに入ると、昼も寝たにもかかわらずぐっすり寝ることができました。

「人気配信者の日常」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く