聖玉と巫女の物語

ともるん77

シュノス街にて

「姉さん、式にはどんなドレスが着たい? 私が織った布で、知り合いの仕立て屋に頼んで立派なのを作るわよ」
「ありがとう、リズ。でも、いつになるかわからないわよ」
 ファルサは妹リズの家に来ていた。


「だから用意しておくんじゃない。いつでもできるようにね」
 リズは茶目っ気たっぷりに微笑んだ。


「でも、びっくりしたわ。正直、姉さんたちは意地っぱりだから、もうダメかと思ってたの」
「えっ?」


「知らなかった? 母さんも私も、姉さんとワズの関係にとっくに気付いていたのよ。姉さんが巫女を辞めた時、いよいよワズの念願が叶うと思って、今か今かと見守ってたの」


「そう……だったの」


「まったく姉さんて、そういうとこは鈍感よね」
 リズの言葉にファルサは苦笑した。


「姉さん、ワズはもう国境にいるの?」
「まだよ、あさって出発するって。今夜はバシュラークで出発の隊と士気を高めてるんじゃない?」
「つまり、大いに飲み食い、歌い、騒ぐってことね」
 二人はクスクス笑い合った。

「聖玉と巫女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く