聖玉と巫女の物語

ともるん77

発見

 北の森の外れで待機していたヘイワードの隊は、森全体が光っているようなおかしな光景を見た。


「目の錯覚か? 妖魔のせいか?」


 そして、その後、突然現れたゴヴィを追って、北の森の中で倒れている人々を見つけた。
「アシュリータ巫女だ! 巫女を見つけたぞ!」


 そこには巫女だけではなく、ヘイワード、ファルサ、ウェルギン、そしてなんと王と王子までもが倒れていた。


 不思議なことに、彼らが倒れていたその一帯だけが積雪が少なく、体が埋まることなくすぐに見つけることができた。
 

「聖玉と巫女の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く