ノベルバユーザー3700

おもてとうら


「一人で行くとつまらないお店を私は一人でも楽しくできる。一緒に行けばもっと楽しい。でも、君はそんな楽しそうにしてる私を遠目で見るのが好きなんだよね?なら、一緒に行かなくても楽しいはずだよね?だって、君は楽しそうにしてる私を見てるのが好きなんだから」

­優しい君が悪魔になる瞬間

「集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く