ノベルバユーザー3700

短編詩

※随時更新




ガラス越しの囁きは あなたに届かない
(私はあなたを思っても あなたは私を見ていない)




コイを抱いて、恋の悩みをどうぞ
そのコイは美しい柄の錦




わたしは知らないんだ
この鍵はどこの鍵なのか、何の鍵なのか
この鍵に入る鍵穴があるのかどうか、さえも




親が子に捧げる愛も
子が親に答える愛も
それが偽りだったと理解した時には
それまであった愛は簡単に切れてしまう細くて脆い糸なんだ




わたしの色に染める
わたしは貴方を破壊する

ねぇ、黒に染まらない?




東に絶望、西に希望
南に終焉、北に起源

西のはじまり




瞬く灯火、花弁散らし、彷徨う亡霊




「集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く