話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

最強執事と堕天の王女

狼龍

~プロローグ~

遥か昔アストレイン大陸では聖戦と呼ばれる戦いがあったそれは神と竜と獣と人が戦いあった。
 その戦いの末期に今も語り継がれる戦いが起きた、それは邪心を持った者達の誕生である神は邪神となり竜は邪竜、人は魔族そして獣は魔獣となった。しかし争いあってしまったために邪心を持った者達にまともに立ち向かえる者は神々ですら居なかった世界が支配される手前まで訪れた時、神々や竜、獣は決めたのだった彼らは自らの力の一部を人に分け与えたのだった。
 しかしその代償に彼らは自らを維持できず分け与えた人の体のどこかに紋章を付けそこに自らを封印し存在を保った、力を受け取った人々は邪心を持つ者達を倒していったがしかし彼らは全て滅ぼすことはできず北と南で分かれ今も人と魔族は対立している。

「最強執事と堕天の王女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く