話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

妖精の魔法で俺にモテ期到来!?

I.G

マドンナの秘密 12

「たかし! 今行くのだ!」


ファリーは自身の体を子猫サイズまで
小さくして、駿の元に飛ぶ。


「あ、あれ? あの女の子は?
て! 君達は一体ここで何をしている
のかね!」


「ちっ! めんどくさ。ターニャ!」


「はい!」


ファリーを追いかけて来た先生
見つかり、すかさず姫路は
ターニャに指示を出す。
指示を受けたターニャは手を
先生の額に置き


「えいっ!」


と、魔法をかけた。


「あ、あれ? 私は一体ここで──」


「テレポート!」


ターニャは間髪を入れずに
先生を別の場所へと飛ばす。


「次よ! ターニャ! その妖精を
捕まえて!」


が、ここでターニャの動きが
ピタッと止まる。


「ちょっと! 何やってんのよ。
あの妖精が逃げちゃうじゃ──」


「ファ、ファリー先輩!?」


ターニャは突っ込んできた
ファリーを見て、驚嘆した。


「!? もしかして、ターニャ?」


ファリーもまたターニャを見て
動きが止まる。


「知り合いか?」


姫路が退いたことで
ようやく解放された駿は
ファリーに問う。


「同じ学校を卒業した僕の後輩なのだ。」














「何やってるのよ、ターニャ! 」


「ご、ごめんなさいぃ......いくら
ご主人様でもファリー先輩を
倒すことなんて......」


「は!? 何言ってるのよ!
そいつが私の近くにいたら、
私の幸福が逃げちゃうって
あんた言ってたじゃない!」


と、ここで姫路は口を滑らす。


「ははぁーん。なるほど。
どおりでたかしがこんなにも
不幸な訳なのだ。」


「おい、どういうことだよ。ファリー。」


「簡単に説明すると、この女は
今まで僕の後輩をこき使って他人の
幸福を奪って一人占めしていたのだ。」


それを聞いて駿は姫路に目をやると、
姫路は苦そうな表情をしていた。


「だから、駿に行くはずだった
幸福も全てこの女の元に行って
たのだ。間違いないのだ? ターニャ。」


ファリーは厳しい目でターニャを
睨み付ける。


「は、はぃ......」


「はぁ......これは妖精法に違反している
のだ。ターニャ。そして、そこの
女! 覚悟しておけなのだ!」


「妖精の魔法で俺にモテ期到来!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く