転校生は日本人形でした。

石ノ森椿

第3話 報復

その夜、私は部屋で一人ベッドの上でゴロゴロと過ごしていた。
お風呂も済んで、ご飯は面倒臭いからお茶漬けで済ませた。

「はぁ……。」

あいにく両親は、旅行に行っていて明日の夜まで帰ってこないらしいから、ここまで自堕落にしていられるんだけどね。
私は暗がりでのんびりとスマホを眺めながら、眠りについた。

どのくらい時間が経ったのか、私はふと眠りから覚めた。とはいってもまだ明るくなって来ないから瞼は開けなかった。すると、暖色の豆電球の光を何か長いものが通り抜けたのが分かった。

そしてその直後、完全に私の目の前に何かが被さった。
思わず目を開けて、私は息を飲んだ。
目の前……私の真上には、長く真っ黒な髪をはためかせた茜が浮き上がっていた。

「な……何……?」
「目は覚めたか。」

その目は今日見間違いかと思ったあの黒目がちな目が深紅に染まり、声はつい昼間に聞いた澄んだ声と、その声とは似ても似つかないような焼け焦げた声が混在して部屋に響いた。
私は一瞬で茜が人ではないことが分かり、慌てて体を起こそうと力を込めた。
しかし、その体が動くことはなかった。

「逃げるなんて卑怯な手……私に通じると思うか。」
「ッ!?」

直後、体中に容赦ない圧迫感が襲った。
辛うじて首だけを動かして見渡すと、首から下にはまるで蛇が巻き付いているかのように髪の毛の束が縦横無尽にうごめいていた。

「あんた……何者なの……?何でこんなこと……。」
「私は日本人形族の妖。」

妖……聞いたこともないワードに私は固まってしまった。

「ちなみに……目的は、お前を殺すこと。」
「ッ!?」
「別に構わないだろう?罪を犯せば相応の報復が待ち構えている。それが人間界にもある律だ。」
茜はそう言って髪をずるずる上に操っていく。
「ちょ……って待って!!そんなバカな話ある?私別に何も悪い事なんて……。」

私が声を上げると、茜の髪の毛は空を切って私の顔の前を通り抜けた瞬間に口の中に激痛が走った。
あまりの勢いに口の中から血があふれえるほどに出血した。
呆然とする私に茜は次の一手を打ち始めた。

「お前の使ったハサミはやけにさび付いていた……。」
「ッ!?」

その一言で私は茜の怒りの理由にしていることに気が付いた。
でも、これしきの事で怒りに触れるのは納得がいかなかった。

「別に髪なんていつでもすぐ伸びるじゃない!馬鹿馬鹿しい……。」
「」
「それにいいじゃない、短髪も案外似合ってるんだかr「人間なら……な。」……?」

茜はシュルシュルと自分の髪を頭に引き込み元の無残な髪形に戻った。
その瞬間茜の頭からポタポタと何かが顔に降ってきた。

「え……。ッ!?」
顔を拭うと手に真っ赤な血が光った。

「人間はほぼ永遠に髪は伸び続けるが、人形の髪は有限で我々妖になった暁にはその髪はより命に近しいものになる。」
「い……のち?そんな……大げさよ!!」


私は、あまりに理解が間に合わない展開に声を荒げた。瞬間、私の右手に激痛が走った。
「ならばお前は手を切られた時に大袈裟だと?」
「嘘……。」

私の手の甲に×の切り傷が深く刻まれていた。
一体いつの間に刃物なんか……。
いや、待って。私の部屋には刃物なんて一つもないはず。
あたりを見渡しても新しく部屋に入れられたような刃物はハサミ一つない。

「何で切られたか……見当はつかないか?」
「つくわけない。一つも刃物なんて。」

その時私の中に昼間に起きた悍ましい圧迫死が浮かんだ。

「あぁ、そういえば言い忘れていた。あの男は私が殺した。」
「ッ!?」

やっぱり……なんとなく想像はしていたけど、目の前の状況を見るだけでそれは確信に変わっていた。

「そんなこと……私が黙っていると思っているの?」
「まさか。だからこそだ。」
「は?」
「冥土の土産には少々安いかもしれないのが残念だ。」

……は?今なんて言った?
冥土の土産……?

「ッい、いや、いやぁぁあああああああ!!!!!!!!!」

「転校生は日本人形でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く