転校生は日本人形でした。

石ノ森椿

第1話 身の程

これは、昨日に起きた出来事が引き金なんだと思った。
でも、本当の事の始まりはもっと前……この女が私のクラスに転校してきたこと。

・・・・・・・・・

「ほら、席つけよ~。」
担任の気だるげな声が、教室の端にまで届いて、私たちはのんびりと各々の席に着く。2学期に入ってひと月が経ったクラスは何となく夏の暑さにやられてだらだらとしていた。

「今日は、転校生を紹介する。入って来い。」
転校してくるにはあまりに季節外れではないかと思った。
大体来るとしたらせめて新学期の始まるときに区切りよくやってくると思う。

クラスに足を踏み入れた転校生は、黒板にしなやかにチョークを当てて鬼灯茜ほおずきあかねと名乗った。
その声は直接脳内に浸透していくようなよく通る澄んだ声だった。
茜は、私の前の席に案内された。

「本藤、一緒に学校を案内してやってくれ。」
「はい。」

面倒ごとはすべて私に回ってくる。
私は、クラスの中で頭がよいという理由だけでクラス長としての責務を勝手に押し付けられている。
でも任せられたからには仕方がない。私はため息をつきながら茜に近づいた。

「初めまして、私は本藤美咲。一緒に学校を案内して回ろ。」
すると、茜は黙って席を立つと私の顔を見てほくそ笑んだ。

「……何?」
「あなた……、顔が綺麗な方じゃない。」
「……はぁ?」

クラスの中で私が怪訝な声を発すると、クラスの空気が一気に鋭いものへと変わった。そして、私は男子と目を合わせると顎で合図を出した。
は、彼らは茜の周りを取り囲むと無理矢理跪かせた。
茜は混乱したのか、見上げためをかっぴらいた。

「あんたさ、初っ端から生意気ね。この三白眼で見定めることもできないの?」
「」
茜は、黙って私を見つめていた……それもむかついたから、今度は女子に合図を出した。
洗礼の内容は彼女たちが勝手に考え付くんだから、私には関係がない。

彼女たちの洗礼は、陰湿かつ大胆。2人がかりで茜を取り押さえると、その間に一人がトイレ用具をとってきた。
そして、モップを洗った直後であろうバケツの水をわざわざもう一度モップにしみこませると思いっきり茜の顔に押し付けた。

顔いっぱいにへばりついたモップから逃げようともがく茜に、洗礼は終わらないことを予兆するために今度は茜のブラウスのボタンを2つ外し、わざわざその隙間からバケツの水を流しいれた。
ここで暴れないように押さえつけていた2人は息を合わせて手を離した。その直後、2人は手は茜の後頭部にあてつけられていた。

そして、最後の洗礼……バケツに顔を無理くり突っ込まれた茜は、息をしなくなるまでその何本もの手から解放されることはなかった。
気を失った茜は、だらしなく濡れ鼠になって床に転げた。

「やりすぎないでよ?最後は私が絞殺すんだから。」
私は、そんな下劣なクラスメイトを一瞥して席に着いた。
それを見てかっらも各々の席に着く。

教師はやってきてそうそうに茜の姿を見って驚愕の色を見せたが、私たちの臆面もない様子を見て諦めて授業を進めた。
その日からクラスには、汚いネズミのレッテルを張られた哀れな転校生が登校するようになった。

          

「転校生は日本人形でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く