話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

誘拐記念日

石ノ森椿

依恃 ②

僕の家からバスに乗って2駅で降りると、視界に入る位置に松岡酒造店があって僕まで思わずどっと緊張してしまった。
「よし、行くか。」
悠一は雰囲気に飲まれないのかドスドスと靴音を響かせて進んでいく。
慌てて悠一の後をついていくと、お店の前に来た頃にお店の暖簾が動いた。
すると、すらっとした男性が顔を出したかと思うとあたりを見渡して僕たちに気が付くと駆け寄ってきた。
「憲司?」
「ここに顔出したらまだ帰ってきてないって聞いてさ。驚いたよ、まさか悠一まで来るなんて。」
「成り行きでこいつに恩を着せに来たんだよ。」
悠一は憲司の顔を見てへらっと口角を上げた。
あれ、さっきまで鬼面みたいな顔してたのにそんなにいきなりほぐれる……?
怪訝に悠一の顔を覗き込むと、悠一は慌てて顔を引き締めた。
「悠一……もしかして緊張「うるせぇしてねぇ。」……してたんだ。」
「あ゛ぁ?」
「ごめんってば。」
僕と悠一がじゃれていると、憲司がおもむろに透に近づいた。
そして、拳骨を落とす音が空にまで響いた。
透は憲司の足元にうずくまり頭を抱えた。

「憲司、何してんの?!」
「これは透の親父さんの分。」
憲司はそう呟くと透の耳をつかんでグイっと真上に引き上げた。
「ッ!」
透は痛みに耐えかねて慌てて立ち上がった。
「これがお前の母さんの分。」
そして、憲司は透の頬を両掌でつまんで引っ張った。
「いッへ……。」
「これが俺の分だ。」
憲司はじっと透の目を見入った。
透を解放して憲司はもう一度口を開いた。
「お前の言ったこと、親父さんからしっかり聞いてきた。そのうえで俺ができることはほとんどないんだと思ってる。でもな、これでも俺はお前のこと叱れるのは俺だけだから。」
憲司の言葉に透は下唇をかんだ。それでも憲司は続けた。
「これが俺の……”幼馴染”の特権だ。俺はお前が嫌がっても何度でもこの特権使いまわしてやるからな。」
透は目を見開いた。
そして、憲司の方に軽くこぶしを当てた。それを見て憲司は優しく微笑んだ。

「なんだろう……これが幼馴染の醸し出す雰囲気?」
「知らね。」
僕と悠一が首をかしげていると、店から体格のいい男性が数人とその後ろに着物に身を包んだ小柄な男性が顔を出した。
「透坊ちゃん!!」
そして、体格のいい男性の一人が透の名前を呼んだ。
透が振り向くと、体格のいい男性たちが朗らかに笑顔を向ける中、着物の男性だけが店の中に入ってしまった。
「ッ……待ってください!」
それを見て透は慌てたように店に飛び込んでいった。
僕たちも透の後を追って店に入ると、透が小柄な男性の前にうつむいて立ち尽くしていた。
小柄な男性は一段上がった位置で透を冷たく見下ろしていて、その目が透とそっくりで父親なのだと悟った。
「まだ上から迎えは来てないぞ。」
「」
透は顔を上げられないまま肩を震わせていた。
僕が透の横に行こうとすると、悠一と健司が僕の体を制した。

沈黙から数分経った頃しびれを切らしたのか、透の父親がもう一度口を開いた。
「何の用だ。」
その時、透の背中は震えたままこぶしがきつく握られて、グイっと透の顔が上がった。
「僕に……蔵を見せてください。」

「誘拐記念日」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く