話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

誘拐記念日

石ノ森椿

修繕 ⑤

そんなある日の放課後、僕は一人バスを降り家路を急いでいた。
「宗太!」
いきなりの声に振り返ると、そこには見覚えのある一人の男性が手を振っていた。
「ひろ……ふみさんでしたっけ?」
「せいか~い!てか札の地とと同じ名前なんだから忘れんなよ。」
「はぁ。」
「影子は元気か?」
「はい、御一緒に。」
僕が家を指さすと、伝文さんはぶんぶんと首を横に振った。
「あぁいやいいんだ!別に顔付き合わせないといけねぇわけでもねぇしな。ほれ、これあいつに渡してくれ。」
「何ですか、これ。」
「中見んなよ?それ四次元ポケットだから。」
そんな子供だましに引っかかるほどだと思われてるのかな。
少し腹の中に靄が湧いて僕は家路を急ぐことに決めた。

「見ません……夕飯間に合わないので失礼します。」
「あぁ待て待て一言だけ。」
「何ですか?」
「影子が怒ることって何か分かるか?」
「はい?」
「“人殺し”。お前も手ぇ貸さないように気をつけろよ?」
伝文さんは僕の心に余計なものをたくさん置いていき、去っていった。

家に着くと、インターフォンに影子さんが反応してキーロックを解除する音がする。
「ただいま。おなか空いた。」
「おかえり。手洗って席ついてていいよ。」
「はい。」
靴を脱いでそろえてから、カバンを下ろすと夕ご飯のいい香りが部屋中に広がっていた。
「学校どうだった?」
「楽しかったよ。クラスメイトとも仲いいし。」
「そうなの!よかったね。」
「これも影子さんのおかげです。」
「そう。……なら今してる犯罪の片棒も私のおかげってわけね。」

「……え?」
影子さんの背中を見ていると、振り向きざまに鋭く睨みつけられた。
「まさかあんたがいじめる側に回るなんてね。」
「……僕はやってない!」
「やらなきゃ傍観者でしょ!暴力団の手下の真似でもしてるつもり?」
「そんなこと「あるでしょ?」……仕方ないでしょう!これで庇ったらまた僕が……。」
僕が声を荒げると、影子さんは眉をヒクりと動かした。
「仕方ない?なら目の前で人が自分を庇って殺されても、『あぁ仕方ない。良かった自分は助かった。』って高笑いでもするつもり?」
「違う!!」

「まぁいいよ、あんたの生き方を否定することは出来ないだろうし。はい、出来たよ。」
影子さんはため息をついてから出来上がったどんぶりを僕の目の前に置いた。
丼は卵でとじられていて、一瞬親子丼かとも思ったけど、肉の形と香りが違うことを主張していた。
「……“他人丼?”」
「あんたには卵要らなかったかもね。」

「誘拐記念日」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く