1分の時があれば

TOMO_music

電話

「ダメか…。やっぱり転校先を聞くのは無謀だったのか。」
そう諦め始めていた自分がいた。すると突然僕のスマホは鳴り響いた。画面を見ると、結実からの「電話」だった。LINEでもメールでもない。そこに僕は不安を覚えた。勇気を振り絞り、着信を開く。
「亮君。今すぐに学校近くのヒガンバナ公園に来て。全てはそこで伝える。」
分かった。そう言おうとすると、電話は途切れた。僕は、正直公園に行こうか悩んだ。行っても結実になんて言われるかわからないし、僕が言い返す自信があるわけでもない。悩んでいると、父が部屋に入ってきた。
「何かに悩んでそうだな。」
そう父は言ってきた。僕は何も言わずに一度だけ頷いた。

コメント

コメントを書く

「学園」の人気作品

書籍化作品