話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

1分の時があれば

TOMO_music

すずの思い

「私にはわからない。でも、これだけはわかる。亮は今後、大きな問題に立ち向かう事になる。そして、一度話した相手とはもう夢の中では話せない。」
 「なんで、大きな問題に立ち向かうことがすずにはわかるんだよ。しかも、一度話した人とは話せないってどういうことだよ。もうすずとは話せないのか?」
 「いや、私とはあと一度だけ話を話せる。これは、私から話しかけたから。もう時間みたい。またね。でも、やっぱり、もう少し亮君とは話が…し…たっ…か…。」
 「待てよ、待ってくれよ!」

「1分の時があれば」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く