話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

お兄ちゃんに、私の初恋を捧げます。~なにも知らない純真美少女のお兄ちゃんになって、イチャイチャしちゃう物語~

佐倉唄

1章4話 4月10日 自虐ネタにするぐらい、今どき珍しい黒髪ロングでツリ目の委員長が怒ったようだ!(2)



「あぁ~、もう! センセーも、イジメが起きているわけでもないし、授業中は普通だし、休み時間のことは任せた、って! あと、みんなも絶対、ウチのことを雪村・深水の特攻持ちだと思っているって!」

 いつもは強気なツリ目を微妙に潤ませて、嘆くたびに身体を揺らし、黒のサラサラロングヘアも連動してなびいた。
 適当に2人のことを無視できないあたり、根は本当に真面目で、委員長に向いているのだろう。

「本当に落ち着け、白崎。雪村と深水相手に真正面から立ち向かうな。闘牛をする時はスルースキルが必須だろ?」

「しぇんばぁ……、なんでお前、こんなヤツらと一緒にいて疲れないのぉ……?」
「まぁ、ウザイけど、イヤにならないから友達やっているわけだし」

「変人たちの保護者やっているから、仙波まで変人と思われちゃうんだぞ? 仙波は本当にまともなのに……」
「だからって今さら友達やめるのも後味悪いじゃん」

「仙波までカノジョできなかったらどうするの?」
「それは大学生になってもカノジョができなかった場合、考えることにしている」

「大学ねぇ……。あっ、そうだ! 仙波は大学、エスカレーター? 外部? あと、理系? 文系?」

「オレは理系だ」
「エスカレーター決め打ちで、後期の中間試験の合計点がいい方」

「誰もお前たちには訊いていない!」

 まるで早押しクイズのように白崎が雪村と深水を威嚇する。

「とはいえ、まだ先だろ。考えているのに越したことはないけど、2年の4月の時点で決め打ち、というのも……」

「へぇ、意外。一番先を見据えて物事を進めそうなのに」

「見据えるべき先を、まだ見付けていないからな~。まぁ、割と俺も深水と同じように、自分の得意分野を伸ばすかもな。やりたいことがあっても、才能がなかったら意味ないし」

 ここで昼休み終了の予鈴が鳴った。
 あと5分で寝落ちとの戦いが始まるのか。

「とにかく! 雪村と深水は女子がいるのに変なこと言わないで!」
「え~、仙波だってオレの発言、引用したじゃん!」

「それはつまりあんたの発言でしょ!」
「あっ、そうだ、白崎」

「んっ? な~に、仙波?」
「ほぅ、声のトーンが刹那より疾く変わったな」

 俺は自分の席に戻ろうとした白崎を呼び止める。

「ウチに生物部とか化学部ってあるだろ?」
「あるね」

「そこって図書室にもないような生物とか化学の本、あると思う?」
「えっ? どうだったかな?」

「仙波、生物部や化学部に置いてあるのは、主に実験、部活動の記録だ。専門書もないわけではないが、労力には見合わないと判断する」

 白崎が雪村を悔しそうに睨む。
 対して雪村は不遜な態度で白崎を笑った。

「なら、心理学部とか哲学部って……ないか。うん」

「絶対にない。どうしたの、急に?」
「調べ物」

「図書室じゃなくて、大学の方の図書館に行けば? 一緒に行ってあげる?」
「いや、なら大丈夫だ。気遣ってくれてありがとう」

「そ、そう? なら、まぁ、うん、どういたしまして」
「すまない。放課後は、人と会う約束をしているんだよ」

「えっ?」
「えっ?」

「もしかして、女の人、とか?」
「あぁ、よくわかったな」

 瞬間、前の席から物凄い勢いで、深水が肩を組んできた。

「抜け駆けは万死に値する」
「お前まで雪村のようなことを……ッッ」

「せめてオレたちに一言でも言ってくれれば、減刑の余地だってあったのに!」
「えぇ……、白崎、深水に言ってやってくれ。こういう発言をしているから、女子にウンヌンカンヌンって……」

「そうね、珍しく深水と同意見よ」
「白崎、深水に魂を売ったのか……ッッ」

「仙波、無自覚だとは思うが、お前もオレのようなことを言っているぞ? それと、邂逅かいこうの約束しているのは仙波の姉だろ?」

「雪村……、信じていたぞ。お前は俺の味方だって」
「……お姉さんなら、うん、セーフ」

「仙波のお姉さんって何歳?」
「22歳」

「交際を前提に紹介してほしい!」
「絶対にイヤだ」

 さて、話を戻すがどうしたものか……。
 大学の方の図書館は、時間的には朝の9時から夜の9時まで開いている。
 これは事実なんだけど、気持ち的に気軽に行ける場所じゃないし……。

「仙波、哲学については保証できないが、心理学については1人、恐らく、大学生ぐらい、少なくともオレ以上の知識を持っているヤツに心当たりがある」
「雪村が他人をそう言うなんて珍しいな」

「あぁ、雪村本家の白銀の女王レベルで勉強ができる、と、そう言えば伝わるか?」
「うん、ゴメン。全く伝わらないけど、それでそれで?」

「そして、それは特に重要ではなく」
「じゃあなんで説明したんだよ……」

「ヤツは部費で大量の書籍を買って、部室に溜めている。まずありえないが、仮に図書室の蔵書とたいして変わらなかったとしても、仙波のオーダーにあわせた本を紹介してくれるだろう」
「それは助かる」

「ヤツに『雪村雲雀ひばりが、お前ならこいつの悩みを解決できるだろう? まぁ、できないなら無理する必要はないが。なんて言っていた』と、そのように煽れば――、

『彼はまだ、ボクに勝つつもりでいるのかい? 無駄なことを』
『とはいえ、挑まれた勝負に背を向けるのも、ボクの主義に反する』

『ひとまず座りたまえ。キミの悩みはボクが聞いてあげよう』
『心配には及ばない。ボクが雪村雲雀に負けるわけがないじゃないか』

 ――と、余裕溢れる態度で協力してくれるはずだ。こちらの手の平の上とも気付かず」

「なんか雪村と同類の波動を感じるんだけど! なんでこの学校の男子は変人ばっかりなのよ!」
「俺を勝負のアイテムとして使うなよ……。あと、逆に煽らないと協力してくれないのかよ……」

「とはいえ、よかったな、仙波。それで、雪村、そいつ、誰? オレたちも知っている?」
「そうだな――。なんだかんだ言っても、オレの莫逆ばくげきの友が仙波と深水ならば、ヤツは知力の試練にて、常に学年序列第1位を争っている不俱戴天ふぐたいてんの仇。文芸部部長にして学年末試験同率1位――、

――――月島つきしま天音あまねだ」


「お兄ちゃんに、私の初恋を捧げます。~なにも知らない純真美少女のお兄ちゃんになって、イチャイチャしちゃう物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く