話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

翡翠の合わせ鏡

試しに。姫は、旅商人から貰った
更紗眼鏡の筒をコジ開け、
翡翠や貝や金銀を、入れてみる。

陽の光や、蝋燭の炎を受け、
筒穴のなかに揺らめく色模様は、色彩は。
一見、乱雑なようでいて、合わせ鏡の規則に沿って、映った。

 あの旅商人のように。


その頃 ――
翡翠絵の噂を聞いた旅商人は。
姫から貰った翡翠石を手に広げ、眺める。

「翡翠の国の姫様は、元気だろうか?」

と、巡らせながら。
足早に、糸魚川を目指していた。

旅商人の想いは、翡翠色の風に乗り。
姫へと向かって、吹いた。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く