話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

石の御相手

石は... 石のまま、其処そこに在る。
のが、ありがたい。

あるがままで、変わらない。

人の心は、うつり、変わって。何処かへ行ってしまう。
他者の心は、特に。

いくら自分が、
誰かに対し、頑張った所で。
報われない事もある。
相手だけを責めたい刻もある。

だが、石は石のまま、変わらない。

想うような色を創れなかったり、
紙の相性に合わせられず、色が上手く紙に乗らなければ、
石が悪いのではなく。調合や配合や画法が悪く、
自分が悪い。

石を相手にしていると、
責任の所在がハッキリしていて、心地好い。

誰を責める立てることも無く、恨むことも無い。

心おきなく、手早く。次へと進める。

次?

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く