話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

雀の渦

周囲の者達を放っておく、と。
たちどころに。

やれ、襖や屏風に翡翠で絵を描けば
「高値で売れる」だとか、
どうにか転写の技を得て
「大量にこう、刷れないものか」だとか。

手の空いてる者達を集め、「大勢に模写させよう」だとか。
翡翠の岩絵具ともなると、「高値で取引される」だとか。
「江戸や大坂、京で売ろう」だとか。
「財政難の御救い」だとか。

雀のように群がっては、おのおの、それぞれに、
好き勝手な持論こえで、チュンチュチュチュンと鳴いている。

皆、嬉しそうだし、楽しそうだ。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く