話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

石の旅

何も考えず。考えない。
誰からも、うるさい事を言われず。
一言も指示されず。

世界に打ち込める。

探し、見付け、集め、砕き、分ける。

さて、無二の石たちを、どのような絵具にしてゆこうか。
石の案配を観ながら、思案するのも、
絵を描くのも、気楽で愉しい道のりだ。

目的を決めず。
他者からも、押し付けられず。
旅しているようで、心と気分が落ちつく。
静かに。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く