話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

失った先

あれから ――

星々と月と陽が、更紗眼鏡のように幾度も
ゴロゴロと晄り。好き勝手に廻っていった。

姫は想う。
近しく、遠い頃の、記憶。

あの日以来。
なんとなく、心の赴きのようなものが、閉じてしまい。

人を信じられなくなったりもしたが、
生きて、再会できるのならば、また会いたいな、とも想う。

月日を重ねた今なら ――

再び、旅商人と出掛け。
今度こそ、翡翠を見付け出せるし、
訊きたい事も、山ほど出来た。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く