話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

鏡の筒

いよいよ、別れの気配。
別れの刻。

姫は、大切にしている翡翠石を、
旅商人に手渡しながら......
瞳には、みるみると涙が浮かんでは、勝手に溢れてゆく。  
 
「もっと、一緒に遊ぶ」
と言って、ゴネた。

フリではなく、真剣マジメにゴネた。
 
旅商人は、
「これまでの御礼と、御返しに......」
と言って、
遠国で創られたという、更紗眼鏡という名の筒を取り出し、
姫へ手渡し、中を覗くように、促した。

姫は頷き。
言われたとおり、筒の穴に目を置き、中を覗き込む。

「わぁー、きらきらしてるー」

 と、筒の中の仕組みに夢中になって、
筒をくるくる回しては、
映り動き、切り替わってゆく色模様を観て、はしゃいだ。
二度と同じ絵柄には戻らないようだ。

暫くして ――
筒穴から目を離し、視線を旅商人へと、戻す。

と、その場に、旅商人の姿は無かった。
 
「やられた......」

幼心に、そう感じたが、あまりにも颯爽としていて、
呆気にとられ、泣く暇も、跡を追う気力も、
失っていた。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く