話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

翡翠鉢

旅商人が藩に滞在している間 ――
姫は、旅商人に懐き。
旅商人も、姫に懐いた。

姫は、何度もせがんで、旅商人から話を聴き。
旅商人も姫に訊いた。

姫は、岩絵具を使った絵の描き方も、教わった。

旅商人曰く、
「石のタネと、薬剤調合の技をもってすれば、
 草木や花と同じように、石も育てられる」
のだという。

嘘臭い。
が、姫は早速、植木鉢を集め。土を敷き詰め。
翡翠石を植えて。
毎日、水をやった。

石だから、水をヤリ過ぎる、という事もあるまい。
まるで、築城でもし終えたかのように、腕組みしたまま、
翡翠の鉢々を見下ろし、フンッと鼻を鳴らした。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く