話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

石で、手を洗う

姫は、小瓶を手に取り。
陽の光にあて、キラキラ、ギラギラさせている。

旅商人は言う。
「姫様。お石の中には、
 薬として用いる石もある、といいます。
 が、伝え聞いたところによると。雷をビカッと発する石や。
 毒を出す石も在るとか...」

姫は、ギョッとして。眼を見開き、瞳孔をヒン剥いた。
心も身体も、こっ、硬直。
  
ゆっくり、そっと、
そぉっと... 石を刺激しないよう、
音を立てないよう、
小瓶を、元の位置へ、戻す。

と、
すっかり忘れていたのか、急に慌てて。
懐から、翡翠色の巾着袋を取り出すと。

中に入っていた翡翠石で、必死に手を洗った。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く