話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

本当のところ、自分は何が好きなのか?

旅商人は、
「廻りの者からは、絵具屋だとか、画材屋だとか言われておりますが...
 正しくは、岩絵具いわえのぐ屋... といったところでしょうか」
と、微笑んだ。

「いわ、えのぐ?」
と、訊く姫に対し、幼子にも分かりやすいよう、簡潔丁寧に説明してくれた。
 
元々、旅商人は。
絵を描いていたようで。
絵の表現手法や画法を、アレコレ試しているうちに、
寄り道なのか、迷子になったのか。
模索する中。

様々な種類の絵具を目にし。日々、触れた。
もしかしたら自分は......
じつは、絵よりも、絵具の方が好きなのではないか?

特に、こう。
岩絵具に、惹かれているのではないか?
と、うっすら気付き始めた。
のだという。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く