話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

翡翠の御石

負手勝世

砕いて、砕く

姫は、淡々と、石を砕いている。
深い緑色の宝石いしを。

地形の北側は、大海うみ
で、ドン詰まり。
糸魚川藩には、悲しく、カネが無い。

天災で、地と天が動き。
その直後に、人災が。続いて一揆があった。
 
折り重なって、再び天災が降り掛かり。
今度は、海と天が動いた。
次いで、また人災...... と。火の車も逃げ出した。

民と藩は、いよいよ重ねて、追い込まれてゆく。
...が、姫には関係無いし、関心も無い。
ただ、翡翠を集め、砕き続ける。
だけである。

周囲の者達は、姫が、窮民と窮藩の御為に。
財政難を解決する為に。
翡翠を集め続け、砕いている、と勝手に思い込んでいる。
が、見当と想いは、相当違っていた。

姫にとっては。藩と民、民と藩の困難が、雰囲気が、
気になるといえば、少々、気になる、が。

切羽詰まって、難しく考えなくてもよい立場に生まれ、育ってきた。
難解決にと、やっている訳ではない。
やりたいから、やっている。
ただそれだけだ。

......が、本心はソレだけではない。

「翡翠の御石」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く