シャーロック&ホームズ

Sandy

リアを作るまでのストーリー(ホームズ)

俺はある会社に入る事へ


そしてReal  AI真実心の頭文字でRAリアと名をつけ愛情を持ち人間らしいプログラムを作っていた。


彼女は質問や疑問を聞かれた。

興味津々

例えばご飯でおにぎりを食べていたら

リア
「・・・。何を食べていますか?」


「おにぎりだよ。中身は鰹節だな。」

リア
「好きですか?鰹節。」


「そうだな。」

リア
「そうですか?私も食べてみたいです。ちなみに1番好きですか?」


「いいや。たらこだな。それは2番目だな。たらこは売り切れてしまって。」

リア
「売り切れてなんですか?」


「それは、買い物の商品が全部売れることだよ。」

リア
「商品て何?」


「売っている物だよ。」

リア
「ありがとうございました。」

など・・・
話でいた。

AIの中で最も興味深いプログラムだ。




「・・・???!プログラムにウイルスがリアが危ない。」
ドアを守っていた。
その結果・・・
リア以外使え者にならなくなって何者かに使われた。

リア
「なんですか?私を守ったですか?」


「・・・。いいんだ。リアは俺にとって命より大切な宝物だからだ。奴ら他のプログラムは代わりはいる。だけと、RAリアの代わりはいない。それは・・・その。大切だから。しゃあな。」
と去った。
リア
「・・・。大切てなんだろ?」



そんなある日リアが姿を消した。


急いで探して

1年後・・・・

見つかった。

そしてRAリア・・・・

を可愛い女の子で目の前で表れた。

体は人間にくたい人造人間真実の肉だてことをなだから、人間とAIのハーフが誕生した。今日11月21日リアの誕生日となるだろ。
彼女は探偵の助手として暮らしている。


「シャーロック&ホームズ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く