シャーロック&ホームズ

Sandy

シャーロックの出会い(ホームズ)

俺はホームズ・レオ・ゼロだ。

俺は変り者で理解者は少なかった。

なぜなら機械いじりが好きで

でも、明るい性格のために友達は多かった。


ただ、凡人ともたちの会話は俺にとって退屈な内容だった。



中学入りある面白い少年と出会う。

彼はシャーロック・マリー・ロミオ

クールで孤独で人間嫌いだった。

だけと、友達になれた。

食えない性格のシャーロックは何を考えているのか。分からなかった。



ある文化祭で妹のリリーナ・マリー・ロマン。シャーロックの妹に会った。
彼を対象的に性格は真逆・・・
明るいフレンドリーな性格。
だけど二人の会話をしているシャーロックの瞳はとても優しいかった。



次の日

「家族は何人家族?」

シャーロック
「警察官の父がいる。優しい明るい。カフェの店員の母がいる。優しい面白い。こないだ会った。妹のリリー。俺とは真逆で明るくフレンドリーで友達が多い。大切な家族。」
と優しいをして言い去った。


「そっか。」

その時は彼の呪いと呼ばれる悲劇の人生に気づくことが出来なかった。

「シャーロック&ホームズ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く