ドン底まで落ちた私

ちゅん

同棲。


話し合いの後、彼女の家出により
子供を守る事が出来た私達。
友人の家を教えてもらい、
会いに行きました。会った瞬間抱きしめ
泣いて喜んびました。
これからどうして行くか話し合いました。

私、
「友人の家にずっとおるのも申し訳ないけ
俺ん家で一緒に暮らさんか?
学校もあと卒業式まで行かんでええし、
一緒におって支えたい。俺ん家は
みんな味方やけん、気を遣わんでも
全然ええけ、どうする?」

っと彼女に問いかけました。

すると、
「うちは、あなたがええんならすぐに
でも行きたい。今は一緒におらんと
寂しくて辛い。あなたとおると楽しいし
笑ってられるから近くにいたい。
迷惑じゃないならお願いします。」

彼女は笑顔で私に答えました。
その言葉を聞き、すぐに父親に伝えました。

「父さん、話があるんやけど、
彼女と同棲したいんよ。俺の部屋に
来てもらおうと思うんやけど
ええかね?ダメなら色々考えないけん。」

すると、父親は

「なん、堅苦しい感じで言いよんか。
ええに決まっとるやないか。今から来るんか?俺はいつでもええよ!大歓迎や!」

心配して損をしましたね。
秒でokが決まり、彼女にも

心配する事なかった。秒で許してくれたわ

と伝え、彼女は喜びながら

ほんとにありがとう。大好き。

と言ってくれました。

そして私は彼女にサプライズを
しようと思い、貯金していた15万から
約7万の結婚指輪を買いました。
ペアリングを持っていたので、
指のサイズはバッチリです。
同棲初日の日に渡そうと思っており、
間に合い、なんとか一安心です。

彼女の荷造りも終わり、迎えに行き
同棲生活のスタートです。
途中、マックのシェイクを久しぶりに
飲みたいと彼女が言ってきて
二人でバニラシェイクを飲みながら
帰ったのを覚えています。

家に着くと、

「ただいまー。今日からよろしくね。」

っと父親と弟に伝えました。兄は一人暮らしをしていた為、家にいないです。

彼女、
「今日からお世話になります。
先日はご迷惑をおかけしました。
これからもご迷惑をおかけすると思いますが
よろしくお願いします。」

頭を下げ、とても礼儀が良かったです。

父親、
「全然気にせんでええのにから、
遠いとこから疲れたやろ。せまい家やけど
ゆっくりしてええからね。
こちらこそよろしくお願いします。」

父親はなんだか照れながら話してました。

「俺ん家、男三兄弟やから女性がおるの
新鮮で嬉しいわ」

父親はえらいご機嫌のようです。

彼女は何回も遊びに来てたので
私の部屋は把握済みです。
家出をしていた為か、荷物少なく
すぐに片付きました。

私、
「ほんま、荷物少ないな笑
明日、服とか欲しい物買いに行くか!」

彼女
「しょうがないやろ。うちだって必死やったんやから。ええの?うち金持ってないし、
申し訳ないわ。けど、めっちゃ嬉しい。」

ここからは交互に会話を入れてくので
わかりにくかったらすみません。

「そやな。俺達、短時間で色々ありすぎたもんな。お金の事は気にせんでええ。
渡したいものがあるんやけど。」

(そうやろ。色々ありすぎなんよ。
いや、気にするわ、何渡したいものって。)

私は小さい紙袋を出し、
「こんなロマンチックもない俺の部屋で申し訳ないけど、俺と結婚してください。きっとものすごい迷惑かけると思うけど、お願いします。」

ここでロマンチックも何一つない
私のプロポーズ。それで彼女は泣きながら

(うそやん。断る理由とかあるわけないやん。めっちゃ嬉しい。こちらこそお願いします。)

すると彼女が、
指輪はめてと言い私ははめました。

(めっちゃ綺麗。高かったやろ。ほんまに幸せや。うちがこんな幸せでええやろか。)

泣きながら答えていました。
もらい泣きをしながら私は、
「当たり前や。今までずっと我慢して頑張ってきたんやから、こんなんまだ幸せとは呼べんやろ。俺が今から隣でこれ以上に幸せにするし、もう夫婦なんやからお金の事も気にせんでええからね。俺は無駄遣いしがちやから今日から通帳とキャッシュ渡すから必要な時下ろしてええよ。改めてよろしくお願いします。」

(ここまでしてくれるの、あんたしかおらんし、うちの事を誰よりも理解してくれて本当に嬉しい。ほんま出会えて良かったよ。わかった。私がお金の管理するから、贅沢はさせんからね。節約してちゃんと貯めるからね。こちらこそよろしくお願いします。」

ここで、二人で見つめ合い笑い合い、
この時、今の俺達は世界中で誰よりも幸せなカップルだなと思いました。
プロポーズも成功し、次の日には服も買い
ある程度の物は揃いました。

忘れているかと思いますが、
私の仕事の話ですが、同棲するちょっと前に
兄の友達の紹介で、工場で働く事になりました。しかも、残業等もあって手取りで24万
ほどありました。転職にも成功しました。

彼女の卒業式も控え、二人でアパートを
借りる計画も立て幸せ絶好調です。

しかし、ここから私のドン底へのカウントダウンは着々とせまって来ています。

ほんの些細な選択で人生は大きくかわります。小さな選択でもその選択で未来が大きくかわります。人生は難しいですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日も読んでいただきありがとうございます。少し書き方をかえました。読みにくかったらすみません。アドバイス等ありましたらコメントの方をよろしくお願いします。
明日も書きますのでお楽しみに!
では、失礼します。

「ドン底まで落ちた私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ちゅん

    水野真紀さん。はまっていただきありがとうございます(T_T)めっちゃ嬉しいです(〃ω〃)

    0
  • 水野真紀

    ちょまじ早く明日になってくれん?俺これバケモンハマってんねんけど

    1
  • ちゅん

    夢八さん、ありがとうございます!
    全然大丈夫です!参考になります(*^^*)

    0
  • 夢八

    誰のセリフかっていうのはない方が小説感がでると思います。
    あまり他で書いてる人いないので。

    上からですいません。m(_ _)m

    1
コメントを書く