ドン底まで落ちた私

ちゅん

妊娠。


19歳の冬、彼女を妊娠させた私は
まだ親には言えないでいました。
仕事の方も心が折れそうで辞めたくて
しょうがなかったけど、貯金しないと
まずいと思ったので、1日500円しか
使わず、手取り12万の給料を毎月
50000ほど貯金しました。
3ヶ月で15万ほど貯ました。

彼女の方は母親と仲が良くなく、
母親は劇団をしていて、彼女は定時制
卒業後そこに勤めさせるの一点張りで
彼女は親に引かれたレールの人生は
とても嫌だったそうです。
それで親に反抗し、大喧嘩をし、
お前の顔を2度と見たくない、
好きにしろと言われました。
私は、自分の人生の主人公は自分だから
自分が生きたいように生きればいいと
伝えました。

彼女は高校の時から母の知り合いの印刷会社
に努めており、そこの寮で暮らしながら
ずっと頑張っていました。私が惹かれた
理由の一つでもあります。学校に通いながら
仕事をすることがどんなに大変ですごい
事なのかを社会人になり改めて感じました

話に戻るのですが、彼女はもう母に会う
事もないと思い、妊娠の事を伝えました。

すると、母親が一転。
子供を下ろしなさい。明日病院に行きます
病院に行くと妊娠3ヶ月で、人の形を
しており、元気に動いていて、
母親は院長に中絶の申請をしていた
そうです。その姿をみた彼女は泣き崩れた
みたいです。
彼氏の番号を教えなさいと言われて
私に電話がかかってきました。
ちなみに非通知です。笑
彼女の母親との電話で一方的に攻められ
ました。それは覚悟の上です。
明後日の夜ここに来てくださいと
言われました。
私は、この時父親に子供の事を伝えました。
事後報告で情けなかったのですが、
父親に、お前は産んでほしいのか?
子供に罪はない、お前も反省するべき
とこはいっぱいあるけど、命だけは
大切にしろと言われました。
怒られるどころか励まされました。

そして、迎えた話し合いの日
到着すると、眉間にしわを寄せ
とてもお怒りのようでした。
なぜか、向こうには離婚したはずの
父親がいました。時々、母親と会って
いたそうです。
まずは、挨拶と謝罪から入りました。

この度は娘さんを妊娠させてしまい
申し訳ございません。私は娘さんに
産んでほしいと思っています。
無理な要望だとわかっているのですが、
一つの命を失いたくないです。
私は殺したくはありません。
どうかよろしくお願いしますと
膝をつき、地面に頭をこすりつけ、
泣きながらお願いしました。

しかし、向こうの両親は無理です。
絶対におろします。あなた達が
不純な行動をし、出来た子供なんて
かわいそう。しかもまだお互い未成年
育てれるわけがない。貯金はいくらあるの
たったの15万?それで何ができるんだと
何を言っても否定され、反対されました。

私の父親は娘さんの意見はどうなんですか?
と尋ねたらこの子の意見は聞きません。
知りませんと、ほんとに親の言いなり
にならないといけない家庭だったんだなと
改めて感じました。彼女は話し合いの時
ずっと下を向いたまま、1度も顔をあげ
ませんでした。

すると、私の父親がキレてしまったのです。
なんで、娘さんの意見を聞かない、
何を言っても否定から入る、あなた達は
どんだけ優れているのか、あなた達は神様かと投げかけました。すると、向こうはそうだ
神様だと言い張りました。私は吹きそうに
なりましたが、こらえました。
私の父親は、自分の子が子供を育てようと
している。まだ二人とも若く育てるのに
苦労を必ずする。その中で私達、親が
応援、支援、支え合うのが普通じゃないのか
妊娠させ、妊娠した、二人が悪いのは
当たり前やけど、それを応援してあげるのも
また親の愛ではないかと言いました。
その時、父の言葉に胸を打たれ、
とても大きい存在に思えました。

案の定、この事を言ったとこで
向こうの両親は聞く耳を持たず、
話にならず、私の父親が今日は話し続けて
ても結果は出ないし、平行線のままだから
後日話し合いましょうと伝えると、
次はないです、子供はおろします、
私に娘の連絡先を消し、二度と近づかないで
下さいと言われました。
私は返事をせず、今日は夜遅くまで
ありがとうございましたと言い帰りました

すると、翌日に彼女が子供を守る為に
シングルマザーの友人の家に家出を
しました。彼女に何があっても産みたくて
してしまった。この子を育てたい。
殺したくないと言いました。
この言葉を話し合いの時に聞いてたら
向こうの両親に響いていたかはわかりません。
彼女から両親が来ても知らないと言って
ほしいと言われました。
案の定、彼女の家出に慌てた両親は
私の家に来て、娘を知らないかと尋ね
ました。私は連絡先を消せと言われたので
知りません。家出をしたんですか?
私も一緒に手伝って探しますよ?
って伝えると断られました。

その事を彼女に伝え、彼女からは
親から連絡が来て、子供を産みたいのなら
産みなさい。私は一生めんどうを見ないし
応援しない、1人で生きていきなさいと
言われたそうです。
この事が良かったのか良くなかったのか、
良くはわからないが、子供を守れたのに
は間違いなかったので、そこは良かった
と思います。

家を出た彼女、仕事に悩む私、
ここからまだまだ色々な事があるので
明日書きます。
とても長くなりました。
読んでいただきありがとうございました。

「ドン底まで落ちた私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ちゅん

    夢八さん。いつも読んでいただきありがとうございます!ぜひ読みにいかせていただきます(*^_^*)

    0
  • 夢八

    よ、よければ俺の小説も.......‎|ω・`)チラッ

    1
  • ちゅん

    水野真紀さん。

    コメントありがとうございます(*^^*)
    お気に入りまでありがとうございます(T_T)書くのが初めてなので、小説らしく書けなくて申し訳ないです。。
    はい!読みにいかせていただきます!

    0
  • 水野真紀

    小説って感じじゃないけど続きがきになる気づいたら全部読んでました。
    早く続き求むって現状なんすけどお気に入りしてもうたし
    図々しいですが僕の作品もよろしくおねしゃす

    1
コメントを書く