ドン底まで落ちた私

ちゅん

高校時代から社会人


高校3年の終わりにLINEplayにはまった
私は隣町の同い年の女性と出会いました
LINEを交換し連絡を取り合うようになり、
かなり仲良くなりました。
その子の家庭は母子家庭で家庭環境が
あまり良くはなかったです。
私も父子家庭でその子に共感し、
惹かれていきました。

しかし、私には年下の彼女がいました。
その事は隣町の子に伝えてはいたのですが、
隣町の子は私にこう言いました

このまま連絡取ってても彼女に悪い。
あなたの事は、優しいし好きだけど
この関係を続けていくのはお互いに
キツいやろ。やけん、私かその子
どっちかにして。

こう言われました。方言が入りすみません

私は迷うことなく隣町の子を選びました
今思うと私は年下の彼女に最低な事をして
かなり傷つけました。
これをきっかけに付き合う事になり、
私は派遣のバイトをしており、
高校生の割に多少お金があったので
電車に乗って会いに行き、時には向こうから
会いに来てくれました。

それから卒業を迎え、翌日には免許センター
に試験を受けて、車の免許を取得しました
最初に買った車は軽自動車のmoveです
その車で会いたい日はすぐにでも会いに行き
とても充実した毎日を過ごしました。
この頃から、結婚を考えておりました。
しかし、彼女は定時制に通っており、
まだ1年は学生のまま、私は仕事をし
お金を貯めようと思ったのです。

ですが、最初に就職したとこが
鉄筋屋で現場作業員の仕事。
高卒ホヤホヤの私は上下関係、人間関係
が厳しく、4ヶ月程度で心が折れてしまい
辞めてしまいました。

次に、置き薬の営業の会社に就職しました
ノルマがかなりきつく精神的に追い込まれ
誰とも話すのが嫌になるくらい、落ち込み
それでも必死に働いてました。
辞めるに辞めれない理由が出来たからです。

19歳の冬彼女に妊娠が発覚しました。
お互い気をつけていたのですが、
出来てしまったのです。
私はとても喜びました。もちろん彼女も
喜んでおりました。
しかし、まだ私達は19歳の未成年
これからこの事をきっかけに大変な
事が巻き起こります。

何かを得るためにはそれ相応の代価が
必要になる。

今日はここで終わります
読んでいただきありがとうございます。
明日も投稿しますので、
よろしくお願いします。


「ドン底まで落ちた私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く