ドン底まで落ちた私

ちゅん

高校時代2


色々な事があり、高校2年の冬も
終わりを迎えようとしていた。
この頃から、スマホが流行りだし、
私は、iPhone4sにかえた。
スマホの復旧により、知らない色んな
人と絡めるようになった。

ある日、いつものように電車で
帰っていると、他校の後輩に
先輩に一目惚れした友達がいて、
そいつにLINE教えていいかと言われ、
もちろん私は秒でok出しました。笑

その夜に女の子からLINEが来て
毎日トークをして近々会う約束を
しました。そして初めて会ったとき、
プリとは顔は違い、あまりかわいいとは
呼べなかった。しかし、トーク中の性格
人は見た目じゃない、自分を好きになって
くれた人に悪い人はいないと思い、
彼女と付き合う事にしました。
私の1個下ってのもあり、とても甘えて
きたり、くっついてきたり、行動は
ものすごくかわいかった。付き合って
いく中で、かわいさも出てきて
ずっと付き合っていくのかなと思ったり
もありました。
しかし、友達にはかわいくないとか
言われたり、なんで付き合ってるんだ
とかも言われました。
私は好きだったので、めちゃくちゃキレて
友達と1ヶ月くらい口を聞かなかったです。

それから3年生になり、
誕生日の日に自動車学校に通えるようになり
最後の体育祭、文化祭ととても充実した
1年になりました。
文化祭では友達と二人でコブクロの
赤い糸をステージで歌ったのが良い思い出
です。その時、高1の時に付き合っていた
彼女が私の名前を呼んできてビックリ
しました。それをきっかけに友達として
話すようになりました。歌の方は大成功
で泣いてくれる女子生徒や親御さん達
とても幸せでした。

そして、卒業を迎える3ヶ月前くらい
LINEplayというチャットが流行っていて
よく寝る前に全国の人とチャットして
いました。すると、いつものように
やっていたら、なんたる偶然かで、
同じ県の人で隣町に住んでる同い年の
女性と繋がったのです。その女性は
チャット内でふざける私に ツボがはまり
連絡を取り合いたいと言ってくれました。

そして、この人とまさか付き合って、
結婚までして、子供も授かるなんて
思いもよらなかった。なんせ私は、
年下の彼女もいましたから。
この続きは明日します!
今日も読んでいただきありがとうございます
では失礼します。

「ドン底まで落ちた私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ちゅん

    夢八さん。尾崎豊さんと重ねていただきありがとうございます!私の実話なので、申し訳ないです。

    0
  • 夢八

    なんか、読んでると尾崎豊さんの
    十五の夜を思い出したんですが。
    .......気のせいですね

    0
  • ちゅん

    夢八さん。 はい!私の実話です。コメントありがとうございます‼

    0
  • 夢八

    これって作者さんの実話ですか?

    1
コメントを書く