ドン底まで落ちた私

ちゅん

高校時代。


私立高校に入学した私はどんな高校生活
が送れるか楽しみにしてました。

しかし、入学してすぐ高校が新入生
に対して行うオリエンテーションが
あったのです。

その内容とは、集団で声だし、整列、
校歌斉唱、オアシス運動、
オアシス運動とは、おはようございます
お願いします、ありがとうございます、
ありがとうございました、失礼します、
失礼しました、すみません、
という言葉を音読することです。
オリエンテーション期間は1週間
この間に中学で腐った根性を叩き直され
ました。思ったよりもきつく、声がガラガラ
になり、心が折れそうにもなりましたが、
入学してすぐ私はある女性に一目惚れを
してしまい、その子のおかげで頑張れました
あの子も頑張ってるんだから、私も
頑張ろうと励みになりました。
早いようで長い1週間が無事に終わり
最後、校長先生に1週間の成果を見せ
合格をもらい、私達、1年生はホッと
しました。その月末には登山研修があり
一年生全員で歩いて山を登り、学校まで
歩いて帰りました。オリエンテーションとは
比べ友達と会話しながら、山を登る事が
出来たので全然苦しくなかったです。

先程、話した一目惚れをした女性とは
クラスが別なので話す機会もなく、
私はどうしてもメアドが知りたくて
勇気を出し、その子を呼んでメアドを
教えてもらいました。
今の時代はLINEで連絡先は簡単に
手に入ると思いますが、昔はガラケーで、
メアドを入力するのに苦労しました。笑

メアドを交換して、積極的にメールをし
メールしてから1ヶ月くらいで
付き合える事になりました。
私はベタ惚れだったので、とても嬉しく
今でもその感動を忘れてません。
その子と付き合えたおかげで
毎日学校に行く楽しみが出来ました。
私の家からは高校は遠く、
電車で通勤をし駅からも少し距離があり
歩いて登校しておりました。
付き合ってからは、放課後電車の時間まで
公園で語ったり、近くのスーパーで
買い物をして暗くなるまで語り
とても幸せな日々を送っていました。
高校1年の冬、学校に内緒で原付の
免許を取り、バイクで彼女の家の近くまで
行き語ったのも今でも覚えています。

バイクの免許を取ってから行動範囲が
広くなり、中学の友達も免許を取って
いたので毎晩、走り回っていました。
友達と彼女の両立が難しく、すれ違い
がかなり起きるようになりました。
一緒に帰る事も減り、口数も少なくなり
高校2年の夏、彼女に私と別れて、
全てをリセットして、違う人と最初から
付き合いたいと言われ、頭が真っ白になり
言い返す言葉も出ず、引き止める事も
出来ませんでした。今思うと引き止めて
おけば違う人生があったのかと思ったり
もしています。
別れをきっかけに、私は寂しさを埋めるべく、バイクで女の子の所に遊びに行ったり
カラオケ屋でオールをしたり、
友達の家に男女で泊まったり、
かなり暴走しておりました。
そのせいで、付き合っていた彼女と
学校で会う度に、走って逃げられたり
避けられるようになったのです。
自分がしたことなので、しょうがないと
思い、辛かったのですが我慢しました。

まだまだ高校生活の途中ですが、
高校2年の終わりからも長くなりそう
なのでここで一旦終わります。

読んでいただきありがとうございます。
明日も投稿しますので、よろしくお願いします。

「ドン底まで落ちた私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

  • ちゅん

    夢八さん。コメントありがとうございます!
    すみません

    0
  • 夢八

    メアドをもらうシーンにて

    読んで→呼んで

    誤字報告です

    1
コメントを書く