ドン底まで落ちた私

ちゅん

中学時代


私は中学に入り、まじめな学校生活を
送ると思ってたのですが、
中学1年の冬、悪い先輩をかっこいい
と思い真似をしたいと思ってしまいました

学ランのボタンを替え、裏ボタンは
チェーン付きの四字熟語が書いてある
裏ボタンに替え、ボタンは3つまで開け
髪は金髪に替えて、バリバリのヤンキー
になってしまいました。兄とは違い、
窓ガラスを割ったり警察沙汰になる行為は
さほどしてはいませんでした。
ヤンキーになると、絡む友達も減り、
悪い友達と集まりバカ騒ぎを続ける毎日
しかし、この時はとても楽しく過ごして
いました。学校には昼前に行き、給食の
時だけ教室に入り、授業中は校内をうろうろ
していて、何を目的に生きていたのかも
わかりません。この日々を中学2年の
冬まで続けました。

するとある日、仲間の1人が俺達は
このままじゃだめだ、とりあえず
高校だけは出よう。真面目に授業を
しようと言いました。
私たちは夢中になれるものもなく、
これを気に良くなるのも悪くないと
思い、その友達の意見に参加し、
今までさぼっていた授業に熱心に
取り組み、遅れを取り戻す為に
塾にも通いました。
しかし、勉強をいきなり初めても
全然わからないことばかりで、
数学は何度やっても理解出来ませんでした
なので、暗記系の勉強は覚えるだけなので
そこを重点的に取り組みました。

高校受験は公立と私立を受けました。
公立の方はわかってた事ですが、
出席日数、遅刻の数、点数足りてても
落とされました。
しかし、私立の方で中学3年から
無遅刻無欠席、成績も良くなっている
事から、合格通知をいただきました。
この時、誰かに認められた気がして
とても嬉しかった。頑張れば報われると
心から思いました。
友達も公立には受からなかったが、
私立に合格し喜びあいました。
違う高校だけど、高校に行っても
みんなで集まる機会は減りませんでした。
高校の友達が一生もんって言うけど、
私は中学の友達の方が一生もんって
気がします。偏見だとは思うんですが、
人によって考え方は違います。

しかし、私が通う高校は思ってた
何十倍も厳しい高校で、軍隊のような
高校でした。その話はまた明日書こうと
思います。今回も読んでいただき
ありがとうございます。
良かったら、コメント、お気に入り
お願いいたします。


「ドン底まで落ちた私」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く