話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

転生者は異世界で進化を繰り返す

初心忘れない

神々との邂逅、そして転生

今回はほとんど会話です。誤字脱字がもしありましたら、ご指摘お願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ん、う~ん、あれ?ここってどこ?確か僕は桜花を助けてそして、トラックに引かれたはずなんだけど…」

辺りを見渡すとそこは、暗くて明るい、重くて軽い、というなんとも矛盾で満ち溢れた場所だった。すると突然、強い光が現れ辺りの矛盾が晴れた。僕は思わず目を閉じてしまった。すると目の前に複数の人影が現れた。

「君が神童 天月君で間違いないかのう?」

先ほど急に現れた人達の中で一番年上そうな優しい雰囲気を醸し出す人が、僕にそう確認するかのように聞いてきた。

「あ、はい。自己紹介が遅れました。僕はs「自己紹介は大丈夫じゃよ。」そ、そうですか。ところで失礼ながら貴殿方は誰でしょうか?」

「儂らか?そうじゃのう…、君たちの世界で言うとこの神かのう?」

僕が目の前の人達に素性を聞くと、半ば予想していた答えが返ってきた。何故僕が目の前の人達の素性を予想出来ていたかと言うと、僕は中学一年の頃から異世界物のラノベを愛読していたからである。

「やはり、そうでしたか。ところで、幾つか聞きたいことがあるのですが宜しいでしょうか?」

「うむ、何が聞きたいのじゃ?」

「はい、まず貴殿方の名前をお聞きしても宜しいでしょうか?」

「そういえば、まだ此方は誰も自己紹介しておらんかったな。すまんのう。まずは儂からじゃな、儂は創造神。」

「次は、俺様だな。俺様は破壊神、まぁこれから宜しくな!」

「魔神、宜しく」

「おいおい、相変わらず魔神は口数少ないな。あ、俺は武神、宜しくな!」

「初めまして~、私は生命神です~宜しくお願いします~」

「ヤッホー、僕は死神、宜しくね♪あと僕と友達になってよ。」

「私で最後ですね、私は知識を司る神、叡知神と申します。以後お見知りおきよ。」

「皆様宜しくお願いします。次に、僕は何故ここに居るのでしょうか?」

僕は神様一同の名前を聞いたあと次に聞きたかったことを聞いた。

「それはじゃのう。儂らが原因で君が亡くなってしまったからと、君の魂がとても人間とは思えないほど、キレイじゃったからじゃ。」

(まぁ、最初の理由は良くある展開だけど原因はなんだろう?二つ目の魂が人間とは思えないほどキレイって何故?)

「すみません、最初の原因をお聞きしても宜しいでしょうか?」

「それはもちろん。原因なんじゃが、それがのう此方の書類ミスなのじゃ。本当に申し訳ない。その償いという訳ではないんじゃが、剣と魔法の異世界に儂らの加護をつけて転生出来るようにしようと思うのじゃが…」

「一つ聞きたいことがあるのですけど、その貰える加護をフル活用すれば、地球に居る家族や幼馴染みに会うことは出来ますか?」

「すぐは無理じゃが、可能じゃ。」

「わかりました。それでは、異世界に転生します。あと二つ目は何故ですか?」

「これは儂らもわからないから、持論になるんじゃが、多分君の先祖に儂らと同じ神がいて、その血が君が一番濃くその影響を受けたのだと思うのじゃ。」

「そうなんですか。」

「あくまでも、持論じゃから、あまり信用はしないほうが良いぞ。」

「わかりました。有難う御座います。聞きたいことはもうないと思うので、そろそろ転生したいと思います。」

「わかったのじゃ、此方の不手際のせいで、本当に申し訳ないのじゃ。その代わり、儂らが来世では全面的にサポートするのじゃ。」

「本当にすまなかった」

「本当にごめんなさい」

「本当に申し訳ない」

「本当にすみませんでした~」

「本当にごめんね」

「誠に申し訳ありませんでした」

「いえ、もう大丈夫です。貴殿方の気持ちはきちんと伝わりましたから」

僕がそう言うと、だんだんと意識が失くなってきた。

「転生者は異世界で進化を繰り返す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く