話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

色災ユートピア

0名

1.続編 色虐ディストピア

これはとある世界の、無限に広がる可能性。
パラレルワールドと称される、少し先の未来からやって来た、人工生命の話。




細胞の一つ一つがコピーされ、混ざっていく。
姿も、力も、記憶すらも、刻まれた記録によって、染められていく。
誰かの生きた人生を、まるで自分が生きたかのように錯覚する。
ただの一つも自分のものではないというのに。

───やがてソレは、人格を持つ。


「産めばお金になるって言うから産んだけど、やっぱり気持ち悪いわ。」

女性が冷めた目で、こちらを見下ろしている。

「ま、別にお腹を痛めて産んだわけでもないし。それじゃあね。」

他の赤子より、ずっと小さな体。
それでも生きることは可能だ。
産まれてしまえば、カプセルの中にでも入れておくことで、やがて嫌でも成長する。

じいっと女性を見る。
理解している。

泣き叫ぶこともなく、すがることもない。
そんなことをしたところで、目の前の人間が助けてくれるはずもない。
彼女はそういう人間だ。
彼女の腹から産まれたとはいえ、血の繋がらない母親で、その赤子は人工的に造り出された生命。
"人間"ではないのだ。

───さて、こういう時はどうしたものか。

細胞に刻まれた記録から、答えを模索する。
無駄な体力は使わない。

解、現状は行動しない。
こんな小さな体で何が出来る。
何も出来はしない。
なら、来るはずもない人間を待ちながら、死に思いを馳せて、眠るのがいいだろう。
来たら生きる、来なければ死ぬ。
ただ、それだけのこと。




ぼんやり空を見上げる。
白雲が悠然と流れ、時の流れを感じ取る。
さっきから、きゅうーっとお腹が鳴るが、食べ物がない現状、気にするだけ無駄だろう。

───何故、気持ち悪いと思われたのだろう。

時間を持て余した赤子は、考え始める。

───歯が生えていたから?

───目が開いていたから?

───髪が生えていたから?

───泣かなかったから?

───感情がないから?

否、そんなもの後付けでしかない。
結局、まれると決まったその時から、嫌われるのは必然だったのだろう。

人造人間が人間の奴隷として、使い捨てられるしんでいくように。

ぽつり、ぽつりと何かが落ちてくる。
冷たいそれは、"雨"だ。
気温はそれほど低くないが、夜までに乾かねば風邪をひいてしまうかもしれない。
もしくは、箱に水が溜まって溺死するか。

───運がないなぁ。

ぼんやりと空を見上げる。
晴れているのに雨は降る。
どことなく、幻想的だ。

目を閉じる。

このまま眠ってしまおうか。

ぽつり、ぽつりと頬を打つ、冷たい雨の感覚はない。

───?

目を開く。

あぁ、日除けの傘だ。

───



───



「───さすがに露骨すぎたかな。」



「うん…そうだな、お前なら気付く。とはいえ、お前は理解しているから。」

黒い髪、ところどころ白いメッシュが入っていたり、髪の毛先が白く変色している。
そして、隻眼。
目の前のは、無感情にこちらを見ている。
観察している…とでも言うべきだろうか。

「俺…俺は観察者オブザーバー。少しだけ、お前の手助けをしよう。」

酷く既視感を覚えるソレは、静かに目を伏せた。
違和感を確かに覚えた。

「これからお前は、一人の老人に拾われる。その老人はお前にとって、かけがえのない存在になるだろう。そして、その時からお前は、お前の人生を歩み始める。行き着く先が孤独でも、それは結末ではない。」

ロボットのような、機械的な口調。
言っている意味が、真意が、理解出来ない。

「可能性は無限にある。お前は、その可能性を選び、掴み取る力を持つ。それをどう扱うかは、お前次第だ。そしてやがて、お前は様々なものを得るだろう。お前が、お前の願いを叶えるために動くのならば、世界はお前の意思の通り、周り始める。」

願い───

「今はまだ、その時ではない。お前が時、お前は初めて願いを持つだろう。」

姿が揺らぐ。
きっとどこかへ行ってしまうのだろう。
また、興味深いものを探しに。

やがて気配も消えて、またひとりぼっちになった。
ぼんやりと空を見る。
心地好い雨音。
赤子は静かに目を閉じた。




ぽん、ぽん、と誰かが優しく腹を撫でている。
背中が妙に暖かい。
赤子はふと目を覚ました。

目に映るのは、自分の腹を優しく撫でている、大きな手。

数秒後、赤子は誰かの膝の上に乗せられていることを理解した。

「…………。」

細胞に刻まれた記録が、酷く懐かしさと安堵を感じさせた。
間違いなく、

懐かしさや安堵と同時に、無性に寂しさが込み上げてくる。
おそらく、細胞の記録がそうさせている。
たとえそれが、自分自身の持つ感情ではないことを理解していても。
甘えずにはいられない。

「んん?おー、起きたかい。」

優しげな声が頭上から聞こえた。
赤子はきゅうっと手を握る。

「おやおや、ひとりぼっちで寂しかったんだね。どこへも行ったりはしないよ。」

頭を撫でられる度、声を聞く度、満たされていく。

「そうだ、お腹が空いているだろう。美味しいミルクをあげよう。」

車椅子ですーっと移動して、厨房に向かう。
便利だなぁ、と見当違いな感想を持った赤子。
慣れているのか、ささっと素早くミルクを作り終えた。
赤子は手を伸ばす。

「はっはっは、賢い子だ。やけどしないようにね。」

ミルクの入った哺乳瓶を受け取ると、酔っ払いよろしく一気に飲み干した。
そして、けふーっ、と満足気に噯気。
妙に肝が座っているというか、若干将来が気になる。

「なんでも一人で出来てしまうんだねぇ。」

満腹になり、今度は眠気が襲ってきた。
ぽん、ぽん、と心地好い一定のリズム。
赤子はぎゅうっと抱きついて、そのまま眠りについた。

「色災ユートピア」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く