名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第5章 生贄の檻 12

「じゃあ行ってくる」
このホテルに来て3度目の集会に向かうツツは少し心配していた。

周防という人間を捕らえに部屋に入った時、2人のガタイのいい人間がこちらをものすごい形相で睨んでいた。

ツツ自身も空手を得意としているが、正直2人相手には歯が立たないだろう。

そんなことを考えていると、またいつもの扉の前に行きつき、ツツはドアノブに手をかけた。

薄暗い部屋にはイワだけがおり、すでにカグツチ様の元へという向かっていた。

「ヒヤとネクはまだなのか?」

「あぁ、ちょっとしたシステムトラブルとかで手こずっているらしい」
イワはスマホに目を向けつつ、呆れたというような冷めた様子でそうこぼした。

「そうか」
ツツもイワの冷め切った様子に半ば呆れながら、気のない返事をした。

「遅くなってごめんないさい」
ネクとヒヤが肩で息をしながら部屋に入って来た。

「大丈夫だよ。まだ集会まで時間あるし」
ツツはイワに責められるであろう2人を不憫に思い、自分は出来るだけ優しく2人を迎え入れた。

「ふん。下らんことでてこずりおって」
イワはスマホから目を離さず、部屋に入ってきた2人に嫌味をぶつけた。

「よし、座ろう。そろそろ時間だから」
この気まずい雰囲気を払拭する様に2人を席に座るよう促すと、ツツもポケットからスマホを取り出した。

ウェブブラウザの履歴からあるURLを選びタップする。

『●●●●●●●●●』

自分専用のパスワードを入力すると、炎の奥から人影が現れた。

「全員揃ったようだな。現在までにトラブルはあるか?」
ディスプレイの下側が少し暗くなり、紅い文字が5人に問うた。

「はい。私が占拠したホテルのセキュリティシステムに何者かが侵入し、69階のシステムをダウンさせられてしまいました。原因は調査中ですが、なんとかシステムを復旧させることができました」
水色の文字が先程起きたシステムのトラブルを報告する。

「そうか、何も心配することはない。お前達はよくやっている。お前達のめざましい活躍と忠誠に祝福を与えよう」
紅い文字は水色の言葉に責めることなく、反対に労いの言葉を並べた。

「ありがとうございます。カグツチ様」
灰色の文字がすかさず反応する。

「我が子達よ、たった今天啓を得た。次なる生贄が決まったようだ。血祭りにあげるのだ!!次なる生贄の名は___」

その名にツツは嫌な予感がした。

周防の時のこともある。何か対策を講じなければならない。そう感じたツツはスマホを閉じるとイワに耳打ちした。

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く