名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第5章 生贄の檻 11

「うーん。やっぱり見張りは常にあの2人がやってるみたいだな」
玄関のドアに張り付き、覗き穴から廊下の様子を見た鳥羽が腕を組んで壁にもたれかかる。

「1人ならなんとかなりそうなんだけどなぁ」
鳥羽に続き覗き穴を覗いた圭介が頭をかく。

「確か周防さんが連れて行かれる前に1回だけ見張りが1人になった時がありましたよ」
ベッドに座ってこちらの様子を伺っていた藤島が2人の会話に割って入る。

「本当ですか?」
壁から身を起こした鳥羽が藤島に迫る。

「は、はい。僕も外の様子が気になってずっと見てましたから」
藤島は鳥羽に勢いに2、3歩退いて答えた。

「それって何時ごろでしたか?」
今度は圭介が藤島に詰め寄る。

「えぇっと……」
と言いながら藤島は自分の腕時計を確認して
「__たしか19時30分だったと思います」
と答えた。

「ちょうど1時間前ってとこか」
圭介は独り言を呟くと窓際の椅子に軽く腰掛け、この檻から脱出する方法について思案を巡らせた。

「なぁ、エアダクト を通っていけばうまく脱出できるんじゃないか?」
ソファに座っていた三井が考え込む圭介に策を提案した。

「いいですね!!それだったら絶対うまく行きますよ!!」
城ノ口が案を出した三井を褒めたたえた。

「たしかにそれならテロリスト達に見つかることもなくこの部屋を出られるかも!!」
圭介の向かいの席で俯いていた亜美も顔を上げて賛成する。

「よし、勉さんにも相談してみよう」
圭介はそう言って受話器を取ると、先ほどと同様に7011をプッシュした。

2回コールがした後、男の声が受話器から聞こえてきた。

「もしもし。圭介くんかい?」
勉はまた生贄のことだと思っているのか、声が少し沈んでいた。

「はい。実はお話ししたいことがありまして」

「なんだい?」
圭介の様子に何かを察したのか、勉は訝しげに聞き返した。

「ホテルから脱出する方法を見つけたんです」

「い、一体どうやってここから脱出するんだい?」
予想にもしなかった答えに多少の戸惑いを見せたが、一瞬で落ち着きを取り戻し、勉はさらに質問をした。

「エアダクトですよ。エアダクト を通って69階よりも下の階に逃げるんです」

「それは無理だよ」

「えっ?」
一瞬にして計画を否定された圭介は、訳が分からず勉に聞き返す。

「エアダクトは各階で独立しているんだ。だからエアダクトを伝って脱出するのは不可能なんだよ」

圭介の反応から何となく話の内容を察したのか部屋には暗い雰囲気が漂った。

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く