名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第5章 生贄の檻 1

「はぁ」
イワは木刀をタオルで拭きながらため息をついた。

得意の日本刀を持ってこなかったのは、カグツチ様からの命令である。

カグツチ様曰く、生贄はホテルの一室に手錠をかけた状態で放っておけば、カグツチ様自ら生贄を処刑するらしい。

もちろん生贄を部屋に放る時以外は、扉には鍵をかけ、絶対に中を見ないようにしなくてはならないと言う命令も受けた。

つまり、イワ達は生贄達には傷一つつけることも許されないのだ。

イワは木刀の乾拭きを終えると、バッグから小さなボトルを取り出し、その中身をタオルに垂らした。

液体が染み込んだタオルで再度木刀を拭くと、木刀は見違えるほど艶めき出した。

「へぇ、意外と綺麗になるじゃん」
横で見ていたネクが感嘆する。

一方イワはそんな言葉に耳を傾けず、さっさと手入れ道具をしまい、木刀も腰につけた鞘に収めてしまった。

「でもカグツチ様はなんで殺傷能力の高い武器の持ち込みを禁止したのかな?」
無視されてもなお、ネクはイワに話しかける。

「生贄はカグツチ様自ら処刑されるのだ。俺達はそれに加勢するのでなく、あくまで処刑の準備をするまで。それ以上のことは考えてはならない」
イワが冷たく低い声で答えた。

そうは言うもののイワもこの命令には少し戸惑っていた。

自分が得意とする日本刀が使えなくなってしまったし、仲間達も最大の武器であるピストルを奪われてしまった。

代わりに渡されたのは警棒と弾の込められていないピストルだけである。

自分は木刀があればそれなりに闘うことが出来るが、他の人間はどうだろうか。

ツツは空手が出来るが、その他3人は何も出来ない。

本当にこれで作戦を遂行できるのか疑問ではあったが、ここまで来てしまった以上引き下がることはできなかった。

「ねぇ、何考え込んでるの?」
神妙な面持ちで一点を見つめるイワを心配してネクが、顔を覗き込む。

「なんでもない」
イワはまた冷たく言い放つと、今度は立ち上がり洗面所へと向かった。

「変なの」
残されたネクはイワの背中を見送ると、イワに聞こえないような小さな声で囁いた。

洗面所の鏡に自分を写すと、イワは洗面台に両手をつき、鏡に顔を近づけた。

酷い顔だ。

1ヶ月前、例の作戦をカグツチ様から聞いた時から緊張でろくに寝ることが出来なかった。

イワは蛇口を捻り、両手一杯に水を溜めると、それを自分の顔に思い切りかけた。

興奮状態だった脳が落ち着きを取り戻し、イワはまた大きくため息を漏らした。

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く