名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第4章 クラスメイトのお嬢様 2

部屋を出ると、扉のすぐ横でエレベーターを待っている2人を見つけた。

「ったく、急に飛び出していくなよ」
圭介は鳥羽に先に行くという趣旨の連絡を入れると、冷めた目をスマホから2人に移した。

「いいじゃん、いいじゃん!せっかくうちのホテルに泊まれるんだからもっと楽しまないと」
さっきの残念そうな表情はどこへやら。またいつもの笑顔で圭介に返す。

『チーン』
音が鳴ると、エレベーターが扉を開けた。

美琴は開いた扉から真っ先に乗り込むと、操作盤の1と書かれたボタンを押した。

押されたボタンはオレンジ色に淡く光り、3人は浮遊感に包まれた。

「で、どうなの?夏休みの圭介とのデートの予定は?」
美琴が小声で亜美に問いかける。

圭介にももちろん聞こえていたが、あえて聞こえていない風を装っていた。

圭介にとってその質問は気になるとものだったからである。

「そんなの無いに決まってるじゃん。そういうの興味ないし」
と亜美。

嘘だ。頬を少し赤らめているその表情を見れば、女心に疎い圭介にでも容易に本心を見抜くことができた。

「顔に嘘だって書いてあるよ。本当は圭介のこと大好きなクセに」
美琴がニヤニヤしながら亜美を肘でつつく。

「いやいや、本当にそんなことないから」
口調はサバサバしていたが、頬の赤らみは顔全体に広がっていた。

「へぇ、じゃああたし圭介にいい娘紹介しちゃおっかなぁ」

「だめ!圭介は事件で忙しくて恋愛なんてしてる暇ないんだから」
もう言っていることが滅茶苦茶な亜美だが、圭介に好意があることを絶対に知られないように必死なのである。

『チーン』
エレベーターは再び音を鳴らし、扉を開けた。

1階のロビーには受付の人間が数名と大理石の丸いローテーブルを囲んで談笑している3人の人間がいた。

美琴は迷わずテーブルの前まで駆け寄ると、3人と何やら言葉を交わしこちらに向き直った。

「紹介するね。こっちがクラスメイトの名張亜美で、こっちが高校生探偵の松本圭介」

「はじめまして」
紹介された2人は軽く挨拶する。

「それで、こっちの3人が右から周防大吾さん、三井照之さん、藤島修斗さん」

「こちらこそよろしく」
3人はその場に立ち上がると、2人に笑顔を向けた。

「さっき言った宝石を見つけたって人が真ん中の三井照之さん。今回の件で赤澤財閥から多額のボーナスも貰っちゃってんだよね」

「そう言う言い方は良くないんじゃないの?僕は勉会長の指示通りに動いただけなんだから」
色黒でガタイのいいの三井は自慢のロングヘヤーをかき揚げ、美琴に笑みを向けた。

「でもすごいよな。本当にあの伝説の宝石を発見しちまうんだから」
三井と同様に色黒ではあるが、体型がヒョロ長の周防は悔しそうに腕を組んだ。

「本当本当。お前があの宝石を見つけてなけりゃ、今頃俺はタワマン住まいだったんだろうな」
2人とは違い、メガネをかけた色白の藤島も周防に同調する形で三井を睨んだ。

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く