名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第4章 クラスメイトのお嬢様 1

「どう?びっくりした?」
美琴は驚いた表情を浮かべている2人に柔らかな笑みをむけた。


「よかった。もしかしたら怪盗クロウが私たちを狙ってるんじゃないかなって……」
音の正体が美琴だと知った亜美はほっと胸を撫で下ろす。

「そういえばお前どこにいたんだ?」
圭介が呆れた顔で美琴に視線を向ける。

「どこって、私ずっとここにいたよ?」
美琴が不思議そうに答える。

「えっ!?じゃあ私たちがここに来た時からずっと?」
亜美が驚いて聞き返す。

「そうだよ。お父さんからこの部屋のカードキーを借りて、2人をびっくりさせようかなって」
と満面の笑みの美琴。

「お嬢様のイタズラへの執念えげつねぇな」
圭介が2人には聞こえないような小声でツッコむ。

そんな圭介を尻目に美琴が身を乗り出す。
「そんなことより2人とも展示室行ってきたんでしょ?どうだった?」

「うん。すごい綺麗だったね、あの宝石」

「違う違う。あの宝石の方じゃなくて……」
美琴が顔の前で手を左右に振る。

「もしかしてあのレッドカーペットのことか?」
圭介が美琴の言葉を遮るように聞く。

「そうそう。あれ変だったでしょ?」

「そういえば変だったね。なんていうか変に目立った感じだったよね」

「実はあれ怪盗クロウを捕まえる罠が仕掛けてあるんだよ」
美琴が口を手に当て小声で囁く。

「やっぱりそうだったのか」
圭介が顎を手で触る。

「やっぱり圭介には分かってたんだ。さすが名探偵!!」
美琴は指先だけで小さく拍手した。

「あぁ、おそらく落とし穴でも仕掛けてあるんだろ?本当なら石畳とかだったんだろうけど、それだと重すぎてうまく動かない可能性があるからってことでレッドカーペットにしたってところだろうな」

「そ、そんなとこまで分かってたの!?」
あまりの名推理に美琴はやや引き気味である。

「さすが怪盗クロウの好敵手だね」
亜美が笑顔で圭介を賞賛する。

「そっか、じゃあロビーに行こう」
美琴が残念そうに肩を落とす。

「えっ?でももう30分しかないよ?」
亜美が腕時計を瞥見する。

「2人に紹介したい人がいるの」
と美琴。

「紹介したい人?」
圭介が聞き返す。

「そう。あの血の宝石ブラッドジュエルを見つけた人。さっ!!早く行こ!!」
そう言い終わるが早いか、美琴は亜美の手を引いて部屋を出て行った。

「俺にも紹介したいって言ってたよな……?」
部屋に1人残された圭介は、カードキーを手に取り、2人の後を追った。

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く