名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第3章 恐怖の"カグツチ" 8

客室への階段を降りると、勉は再び踵を返した。

「今日は宝石の警護ということなので、特別にこの階のお部屋をご用意いたしました」

「ほ、本当ですか!?本当にこのVIP専用の階に宿泊出来るんですか!?」
城ノ口が勉に詰め寄る。

「は、はい。もちろんです……」
城ノ口の勢いにやや引きながら、勉は答えた。

「でもいいんですか?宝石の警護とはいえそんないいお部屋を私たちの為に……」
鳥羽が申し訳なさそうな表情で勉を見る。

「はい。むしろ宝石の展示室で何かあった時に遠くの部屋だとあの怪盗に逃げられてしまうかもしれないですから。早速ですけど、お部屋はこちらの2部屋になります」
勉がエレベーターの両脇の部屋を指差す。

「7001号室は鳥羽さんと城ノ口さん。7011号室は圭介くんと亜美さんのお部屋です。キーはこちらになります。18時には69階のオーシャンビューレストランにてご夕食会がありますから是非お越し下さい」
勉はホテルの説明を一通り終えると、圭介たちに部屋のカードキーを手渡し、1人でエレベーターへ乗り込んだ。

「とりあえず夕食まで時間もあるし、ちょっと休憩しようぜ」
鳥羽は大口を開けてあくびをすると、城ノ口を連れて部屋へと入っていった。

朝から事件のせいで叩き起こされた鳥羽にとって、1秒でも何も考えず目を瞑っている時間がほしいのだ。

夜遅くまで徹夜でゲームをしていたにも関わらず、セミのせいで最悪の目覚めを迎えてしまった圭介もそれは同じだった。

「俺たちもちょっと休憩するか」
圭介も渡されたカードキーで扉を開けると、先に亜美を中に入れ、その後に続いて自らも部屋へと入った。

入り口を抜けると、すぐ横に脱衣所があり、さらに廊下を進んだ先には海が一望できる大きな窓のついたベッドルームが待ち構えていた。

「へぇ、さすがVIP専用客室だな」
圭介は真っ先に窓の前に行くと、そこから見える海を眺めた。

「本当。……そういえば美琴はどこにいるのかな?」
亜美も圭介の横に立って海を眺める。

「そういえばまだ顔見てなかったな」

「でも宝石のお披露目会には出席するはずよね?」

『ガタッ』

「わっ!何!?今の音!?」
突然どこかから聞こえてきた音に亜美は怯えた様子で圭介を見た。

「き、気のせいだろ?」

次の瞬間、待っていましたとばかりにクローゼットから見覚えのある少女が顔を覗かせた。

「み、美琴!!??」
2人が同時に驚きの声を上げた。

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く