名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第3章 恐怖の"カグツチ" 4

 ヒヤはツツと共にホテル内の警備室にいた。

ツツ自慢の空手で数名の警備員を一気に制圧し、今は部屋の隅に猿轡を噛ませ、両手足を縛った状態で放置されている。

「これから俺たちどうするんだ?」
力だけが取り柄のツツは椅子に座って、ただ目の前に無数にあるモニターをボーッと眺めていた。

「とりあえずカグツチ様から指示があるまでは待機よ」
落ち着いた声色でヒヤが答える。

その直後、2人のポケットでスマホが通知音を鳴らした。

「カグツチ様からだわ!!!」
ヒヤは声色を明るくすると、スマホをポケットから取り出し、メッセージアプリを開いた。

『https://kaguchi .jp/』
例の如く、新着メッセージの青く表示されたURLをタップすると、スマホのディスプレイはウェブブラウザに切り替わり、炎の背景にポップアップが表示された。

『●●●●●●●●●』

パスワードを入力すると、さっきまで表示されていたポップアップが消え、炎の奥から人影が現れた。

「カグツチ様……」
言葉を失う2人をよそに、カグツチは紅い文字を並べ始めた。

『作戦の進捗状況を伝えろ』


『はい、私とネクはホテル内への侵入に成功し、現在70階のVIP専用の客室にて待機しています』
黒い文字の報告が終わると、次はヒヤが報告を始める。

『私とツツは、ホテルの警備室の制圧に成功しました。これでいつでも行動を起こせます』
ヒヤも続いて報告を終えると、最後に緑色の文字が報告を始めた。

『僕も69階に爆弾設置し終わりました』

『ご苦労だった。作戦の決行はホテル内の人間ほぼ全員がレストランに集まる午後6時だ。心してかかれ!!!』
こちらが返事をする間もなく、炎の奥に人影は消えてしまった。

スマホをポケットにしまうと、ヒヤとツツはお互いに目を合わせた。

「本当に大丈夫よね?」
ヒヤが不安げな表情を浮かべる。

「大丈夫。カグツチ様の言う通りにすれば俺たちは必ず救われるから」
ツツはヒヤを抱くと、自分の胸に顔を埋めるヒヤの頭を優しく撫でた。


「愛してる」

「僕もだよ」
2人は互いに言葉を交わすと、唇と唇を重ねた。

「はっ!!!」
ふと我に帰ったヒヤが顔を真っ赤にして部屋の隅を見る。

すっかり忘れていたが、この警備室には自由を奪われた数名の警備員がいたのだ。

「やばいとこ見られちゃったね」
ツツも赤面してヒヤに微笑みかけた。

「そうね……」

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く