名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜

耕一

第2章 暗がりの黒翼 1

 7月23日午前0時。

夏の夜の闇に紛れるように、クロウは目的地へ向かって都心上空を飛行していた。

昼間のギラギラと照りつける太陽がない分少し涼しさを感じるが、それでもまだ吹き出る汗は止まることを知らなかった。

クロウはポケットから黒いハンカチを取り出すと、額に滴る汗を拭った。

周囲の景色は都心から郊外へと移り、クロウの真下には閑静な住宅街が広がっていた。都心の忙しなく騒がしい雰囲気とは違い、ここには穏やかで静かな印象を受ける。

夜の闇が手伝ってか、その印象はより一層強く感じられた。

住宅街を飛行すること数分、取り囲む闇の中に一点の光を見つけると、クロウはそれに向かってスピードを上げた。

光に近づくと、今度は逆にスピードを落として、静かに光へと近づいていく。

「まだ起きてるのか?」
ターゲットに半ば呆れながら、クロウはドローンバイクから飛び降りた。

ドローンバイクに吊られた体はまるで、空を自在に飛ぶカラスのようだった。

窓は完全に締め切られており、部屋には1人テレビに向かってコントローラーを操作する高校生がこちらには目もくれず、テレビと睨めっこしていた。

『コンコン』
クロウが窓をノックすると、その高校生はこちらを一瞥すると、コントローラーで何やら操作を済ませ、億劫そうに窓を開けた。

「名探偵の推理日記零〜哀情のブラッドジュエル〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く