話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

コピー使いの異世界探検記

鍵宮ファング

第52話 明かす計画、魔王直撃!

「ねぇリュウヤさん、本当に信じて良いんですよね……?」

なかなか帰ってこないおタツとメアを心配して、ノエルは訊く。
おタツが「任せろ」と言って出て行ってから、もう太陽は西へ沈み、燃えるように赤くなっている。
だが、リュウヤは心配するノエルの横に座り、笑顔で「俺の嫁サンだぜ、心配はいらねぇよ」と答えた。

「それにしてもリュウヤ殿、何か隠しているでござるな?」
「隠すって、何をですか?」

急に後ろから現れた吾郎に驚きながら、意味深な発言に疑問を持ったノエルは、何を隠しているのかリュウヤに訊いた。
だが、リュウヤは「そんな事、俺は何も知らんぞ?」と冷や汗をかき、目を逸らしながら答える。

「やっぱり何か私達に黙ってる事ありますね?」
「お、俺はおタツからは何も聞いてない。うん」

一瞬「ギクっ!?」と身体を震えさせながらも、まだリュウヤはシラを切った。
そしてついに、ノエルは強硬手段に出る事にした。

「吾郎さん、ちょっと刀かーしーて」
「うむ、使いたまえ」
「おいおいノエルちゃん?そんな物騒な物借りてドウスルツモリナンダイ?」

リュウヤは片言日本語で喋りながら後ずさる。
そしてノエルも、抜刀の構えてをしながらジリジリと近付く。
しかも、よく見たら吾郎が消えている。
だが、気づいた時にはもう吾郎は後ろにおり、リュウヤを拘束した。

「さぁ吐くでござる!おタツ殿の作戦を吐くでござる!」
「痛い痛い!分かったから、腕もげる!」

こうして、リュウヤは観念して二人におタツの考えた、リュウヤとおタツだけの極秘作戦の内容を吐いた。

「えぇ!?メアさんを連れて!?」
「しーっ!声がデカい!」

リュウヤの話した作戦とは、メアとおタツの二人で城から抜け出し、今晩までに力を合わせて破壊された結界を治すと言う物だ。
勿論、初めて知ったノエルも吾郎も驚き、本当にそんな事が出来るのかと不安になった。

「確かに無謀だ、結界の外には骸骨兵士がうじゃうじゃ居るからな。もし大群に逢えばまず命はないだろう」
「命は……そんなのを女子二人で任せて良いのでござるか?」

吾郎は身を乗り出して、リュウヤに訊く。
そんな命がけの作戦、おタツさんはいくつか分からないけど、確かに女子二人に骸骨兵士の大群は対処しきれない。
第一タクマ、メア、ノエルの3人でさえ初めて大和竹林に来た時苦戦を強いられ、やっとの思いで一体倒せただけ。
しかし、リュウヤは「相手が強いのは分かってる。だけど二人は絶対に死なない」と確信する様に言った。

「何でそこまで言えるんですか?」
「何でだろうかなぁ、けどおタツなら絶対メアちゃん連れて生きて帰ってきてくれる。俺にはそう思えるんだ」
「その台詞、何かタクマさんみたいですね」
「小1の頃からの大親友なんだ、そりゃ兄弟みたいに似るもんだ」

そうして全てを話し終えて、リュウヤは最後に「この話、タクマにだけは言うなよ」と釘を刺した。
そして、何故そう言ったのか、ノエルはすぐに理解して「分かりました」と答える。

「何故タクマ殿には……?」
「危険だなんて聞いたら、アイツは自分の命顧みずに飛んでいっちまうからだよ」
「まぁ、そんなお人好し精神がタクマさんの悪い所でもあって良い所でもあるんですけどね」

そう話して3人でフフフと笑っていると、ノエルはある一つの違和感に気付いた。

「ねぇ、リュウヤさん……タクマさん、何処行ったんですか?」
「あ、居ないね……居ない!?」

リュウヤの声が、静かな和室にこだまする。


【大和城 信長の部屋前】
一方その頃タクマはと言うと、あの時の骸骨兵士の話や、今朝聞いた謎の声がどうにも引っかかっていたため、真相をノブナガ本人から聞き出そうと言う暴挙に出ていた。

「ノブナガ、タクマです」

周りの襖よりも赤みのある襖の前で、タクマは声をかける。
そして、部屋から「何用だ?」とノブナガが訊いてきた。

「ちょっとお話をしたくて……」
「そうか、まぁ入りたまえ」

そう言われ、タクマは「失礼します」と一礼し、赤い襖を開けた。
全く同じ襖と言うのに、何故かこの襖だけは重く、そして冷たく感じる。
そして襖を開けると、そこにはどっしりと正座をして、じっとタクマを待ち構えるノブナガが居た。

「立ち話も難だ、とにかくそこに座りたまえ」
「は、はぁ……」

タクマは、ノブナガの前に置いてある座布団に正座した。
何故だろうか、凄く緊張する。
全身の毛穴と言う毛穴から冷や汗が滴る。
けど聞くんだ、あの態度は絶対何か隠し事をしていた気がする。だから頑張れ!俺!

「それで、話したい事とは何だ?」
「ノブナガ様……玉について何かご存知ですか?」

タクマは緊張を振り払い、単刀直入に『玉』について聞いた。
玉の力、それはもしかしたらオーブかもしれない。そしてもし持っているとするならば、それが殺人事件の犯人だと。
けどノブナガが自ら家臣を殺すとは考えにくい。
だとすれば玉に操られている?

発言した後に、タクマがそう考えていると、ノブナガはその問いに対して笑い出した。

「ガッハッハ!玉ならいつくか知っておるわい!それで、その玉がどうしたのだね?」

それを聞いて、タクマに戦慄が走った。
ノブナガが……?まさか……
でも、もし操られていたとすれば、ノブナガ様から受け取りさえすればまだ間に合う筈……!

「その玉を……俺に譲って欲しいんです」
「ほぉ、玉が欲しいとな?」

ノブナガの目が鋭くなる。
何か粗相になる事言っちゃったか?
分からない、緊張しすぎて頭が全然回らない。

「そんなに欲しいならばくれてやらなくもないぞ」

そう言って、ノブナガは立ち上がった。

「コピー使いの異世界探検記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く