話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

オレの幼馴染が嫁候補!?

古民家

オレも男なんですが…

大学を出て15分ほど歩くと、オレのアパートが見えてきた。

「あれがオレのアパートや。」

そう言えばオレも一緒に探した美咲のアパートもこの辺だったような…

「結構近いんやね。」

「え?美咲のアパートか?」

「え?あ……そ、そう言えばそうやね。」

なんだよ今の間は…

「なんか違ったか?」

「ううん。大学が、と思て……」

「さいで……」

アパートの2階にあるオレの部屋の扉の前に来た時、オレは自分の部屋の中を思い出した。

「美咲…」

「なに?」

「ここで10分待っといてくれ。」

「え?片付けるなら手伝うで?」

美咲…そんな時にだけ天然要素and優しさはいらないんだ。
男子学生の部屋はまさに混沌カオスだ。

部屋の散らかりようはさもありなん、お宝本やお宝映像の類は、身内はおろか他人の、それも女性には見られたくないのが心情というものだ。

あ、因みに常に片付いている男子もいるから、これを読んでいる女性陣は偏見は持たないでくれよな。

「美咲…」

「なに?」

「5分だけ待ってくれ…」

「短かなった……」
「頼む!!」

オレは美咲に懇願なのか脅しなのかわからない勢いで、美咲に迫る。

「う、うん…わ、わかった…」

それに気圧されたのか、美咲もただ首を縦に振るしかなかった。

そして、オレは部屋に入ると、直ぐにテーブル上のお宝を確認し、それを本棚の奥へ突っ込んで漫画や映画のDVDで覆い隠した。

簡単に部屋の散らかりを片付けると、美咲を部屋に招き入れた。

「お、お邪魔します。」

「ど、どうぞ。」

なんだろう、自分の部屋に女の子はおろか友達すら上げたことがない、そのせいかやけにドキドキする

すると美咲がクスリと笑った。

「な、なんやねん、いきなり。」

「あ、ごめんな。自分の部屋やのに、悠ちゃんさっきから落ち着かへんみたいやから可笑しゅうて。」

男の部屋に来たのに、なんで美咲はさっきから落ち着いてるんだ?

ま、まさか男の部屋に来るのに慣れてるとか!?

「悠ちゃん、大丈夫?」

「あ、ああなんでもない、それにしてもお前なんでそんなに余裕やねん。まさか、男の部屋に上がるの初めてやないとか!?」

「ええ!?ち、ちゃうよ!悠ちゃんとこ以外上がったことないし……。昔は、ようお互いの部屋に行き来きしてたし、悠ちゃんの部屋やとなんか落ち着くねん。」

美咲はニコニコしながらそんなことをいってくるが、改めて言われると嬉しいような恥ずかしいようなだ。

「それでやな美咲。確かめたいことってなんや?」

「あ、うん…えーとやね……その……」

美咲がこういうモードになると、なかなか次の言葉は出てこないため、気長に待つのが良い。

「……あのやね…ウチと……悠ちゃんとがやね……その…」

我慢だオレ、ここで怒り出すほどオレは気が短いわけではない。

「えーと…なんていうか……」

オレは待てる男だ……

「だからやね、ウチとの関係がやね…」

オレは……待てる……

「悠ちゃんのことをやね……」
「ああもう!!!」

「ひ、ひゃー…!?」

怒り出したオレの声に美咲は驚きの声を上げる。

「美咲…ハッキリ言えや。言いたいことが全然わからんやん。」

「ご、ごめんなさい……」

美咲の目が涙目になっていることに気付いたオレは、たちまちイライラ感が無くなり、代わりに罪悪感が胸を締め付けた。

「す、すまん美咲。オレ、そんなつもりやなかったんや。」

「う、ううん、ちゃうねん。自分から確かめたい言うてたのに、いざとなったらちゃんと言われへん事が悲しくて……」

「ま、まあ言いにくい事は分かったし、ゆっくり話したら良えで。」

「うん、おおきに悠ちゃん。」

それから美咲はゆっくりとだが、ハッキリと自分の考えを話し出した。

「春休みのこと……悠ちゃんとした約束なんやけどね。」

「許嫁のことか?」

「う、うん。それでやね、ウチは悠ちゃんと、そういう仲になってんのかなって思って…」

「それって、オレと美咲が付き合ってるか言うことか?」

美咲はコクコクと首を縦に振ると、下を向いてしまった。

確かにオレもそれは考えなかったわけではない。
ただ、美咲とそう言う関係になる事が、本当に正しい事なのかどうか、オレ自身が迷っている。

客観的に見ても、美咲は可愛いし、なによりもオレのことを慕ってくれている。

だけどオレにとって……

「美咲、すまん。」

「え?」

「オレは正直言って、許嫁のことも美咲との仲も、全然受け入れられてへんねん。」

オレは頭をテーブルに擦り付ける程、頭を下げて、美咲に詫びた。

「悠ちゃん、ウチのこと嫌いなん?」
「そうやない!」

顔を上げて美咲を見ると、美咲は目に涙を溜めて、今にも泣きそうになっていた。

しかし、それでもオレは自分の心に正直に応えることが、誠意だと思った。

「オレは美咲のこと好きやで。」

「ほんなら…」

「でも、好き言うんは、恋人とかの好きやのうて、妹のような存在に近いって言うのが正直なところや。」

オレは美咲の潤んだ目を見ながら言葉を続けた。

「だから、少し考える時間をくれ。」

「時間?」

「オレは、オレが美咲のこと女として、見れるよう努力する。でも、もし見ることが出来ひんかったら…」

「出来ひんかったら?」

「許嫁も解消して欲しい。もちろん、その間に美咲に好きな奴が出来たら、オレのことも見限ってくれてかまわん。」

「考える時間はいつまでなん?」

「大学3年に上がる前まで。」

美咲はしばらく黙り込んで俯いている。

やっぱりキツかったかなと、オレはやや後悔しそうになっていたが、でもここで情に流されたら、オレはきっと後で後悔すると思った。

「 悠ちゃんがウチを好いてくれるように、努力するんやね?」

「そうや。」

「ウチのこと好いてくれたら良えんやね?」

「??そうや。」

なんだろうこの違和感。
なんだか前にも同じようなことがあったような…

「ほんならウチ、悠ちゃんが振りむいてくれるよう頑張る!」

「うん。え?」

「だって悠ちゃん、ウチのこと嫌いやないなら、女性として好いてもらえるようにウチも努力するし!」

「み、美咲さん?」

関係をあきらめるどころか、俄然やる気になっている美咲の目にはもう涙は無く、何かハッキリとした意思を感じ取らせた。

そして、美咲はハッキリとオレの目を見て言った。

「悠ちゃん、ウチ……悠ちゃんのこと好きやねん。」

その言葉は、いつもの引っ込み思案な美咲のものでなかった。
美咲がなんだか可愛くて見えてくる。

おいおい、今さっきのオレの言葉は嘘か?
オレは自分の言葉に、傾きかけた心を立て直す。

「と、とりあえず、喉が乾いたな、お茶でも入れるわ。」

「え?あ、うん…」

背中越しでも、美咲がションボリするのがわかる。

オレは逃げるようにキッチンに行くと、お湯を沸かし始めた。

「なんか手伝おか?」

美咲が気を遣ってくるが、オレは取りあえず気持ちを落ち着かせるために、キッチンに残る事にした。

「ええよ。漫画でも読んでゆっくりしとき。」

わかった、とだけ美咲が言うと、茶葉を急須に入れようとした。

「きゃ!」
「どないしたみさき!?」

小さな悲鳴を聞いて、すぐに部屋に戻ると美咲が真っ赤な顔をしてこっちを見ていた。

そしてオレは思い出した。
漫画の裏側にはお宝をしまっていたことを…

「ゆ、ゆ、悠ちゃん、こ、これ、コレ!」

もう何も言う事はない、オレは黙って、ゆっくりと焦らずお宝を拾うと、机の引き出しに押し込んだ。

そして、美咲の方を見る。
美咲は相変わらず赤い顔をして、視線はチラチラとこちらを見ている。

「美咲……オレも男やからな…」

「悠ちゃんのスケベ!!」

パチンと軽い音が部屋に響き、それと同時にヤカンからカタカタと湯が沸いた合図がなった。

「オレの幼馴染が嫁候補!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く