エリートの男は未練を果たしに異世界に行く

双葉カイト

第5章 負けられない戦い

 こうして幕を開けた第1戦。


「さて……あなたからカードを13枚引いてください。」


 言われた通りに13枚のカードを引く


 カードは『剣』の4と6が1枚で7が2枚、『馬』の1と13と4と5がそれぞれ1枚、『槍』の1が2枚と8と9と11が全て1枚、と『龍』が1枚である。


(『剣』が惜しいところまで来ているな……ここは『龍』を捨てるべきか……)


 だが悪くない……ここは『剣』を中心で役を作る!


 《1巡目》


 カードを引く。引いたカードは『弓』の5


(ちっ……序盤からこれか……)


『弓』に関してはひとつも持っていないため、出来れば捨てておきたいのだが……


(でもこの『龍』も残しておく必要がない……。どっちを早く捨てるべきか?)


   だが『弓』に関しては来る可能性もあるために捨てるにはリスキーなのだ。


 ここは安牌で『龍』を捨てる。


 相手は『剣』の5を捨てた。序盤で上がることは無さそうだ。


 ならここは速攻よりも、確実に点数を重ねる方にシフトしよう。


 《2巡目》


 カードを引く


(おっ!これはいいカードだ!)


 引いたのは『剣』の5だ!これで『剣』の階数同が完成した!


 ここでこの回数同を伸ばすか、またはほかの役を完成させるかが分かれ目だ。


 もしくは……この場面で勝負に持っていくか……。


 リスクはあるが、おそらくまだ相手は完成してない可能性もある。


(くそ!速攻はかけないと決めたはずなのに!?)


 ついつい頭によぎってしまう!勝利という誘惑に負けそうになる!


 ここはぐっと堪えて、俺は『弓』の5を捨てた。


 相手は表情ひとつも変えずに、『龍』を捨てた。


(読めないな……相手も俺と同じように『安牌』を捨てているのか?)


 先行きが不安になる中、第3巡を迎えようとしていた。


 《第3巡》


(だがこれで『龍』は山札にも手札にも存在しない……。だから大幅な逆転をされる確率はほぼないと言っていいだろう……。)


 このような『賭け』に必要なのは、推理力や強運では無くて『自分をどれだけ信用している』ことだ……。


 如何に強運などを持っていようが、それを信じられなかったらそこで終わり……つまりは敗北だ。


(だから俺は……『敗北』なんて考えない。あるのは『勝利』することだけだ!)


 気持ちを引き締めて、山札からカードを引くと『馬』の7のカードだった。


(これか……あまり嬉しいカードではないな……。)


 俺が今持っている『馬』のカードは1、13、4、5、7である。


 これでは『馬』で『三数同』や『階数同』も作れない……。


 このゲームは『同じ種類』で役を作った方が、何倍も点数が有利になれるからできる限り、別種類のカード同士で役は作りたくない……。


 なら今捨てるべきは『馬』か『槍』である。だが……どちらを捨てた方がいいのかがわからない……。


(迷う……とてつもなく迷う!どっちがより良い結果に繋がるのか分からない!)


 だがここで思い悩んでいても仕方ない!


(もう一か八かに『賭ける』しかない!これはガチンコ勝負……今までの積み重ねなんて意味無いのだから!)


 俺は……『馬』の13を手札から捨てた。まだこの時点で、相手に俺がどんな手札なのかは分からないはずだ。


 もはや1分1秒が無限に引き伸ばされている感覚だ。多分まだ1時間も経ってないだろうが、体感的には既に3時間も経っている感じである。


 相手は……どうでる!?上がるのか?もしくは捨てるのか……?


 相手の指が動く、その行動の一つ一つが手に取るように分かるぐらい遅い……。


 そして……相手は『剣』の4を捨てた。一応安心はしたが、一切態度には出さないようにしないと……!


 しかし相手側はそんな俺を愚弄するように、不敵な笑みを浮かべながら俺を見つめている。


 「態度が固いですよ……これは一応ゲームなんですから、もっとリラックスして臨まないとダメじゃないですか〜。」


 「悪いな……俺はこのゲームのことを今まで知らなかったからな。それに俺は勝負事に負ける訳にはいかないんだよ!」


 「あらそうでしたか……でもそうやってプレッシャーをかけ続けると気づいた時にはボロボロになってるからね〜。」


 ギルドマスターから嫌らしい助言を受け取りつつ、勝負は第4巡に突き進もうとしていた。



「エリートの男は未練を果たしに異世界に行く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く