話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ー MY REAL STAGE 〜 僕は彼女を死なせない 〜 ー

ルシア・モドロンリ

カスティスの覚悟

ミラールー『シルス!お前よくも邪魔してくれたな!』

カスティス『よそ見してると痛みめみるぞ。』

俺はミラールーに再度切りかかった。

ミラールーは俺に気づき、急いで攻撃を仕掛ける。

また先程の黒い空間を俺に向けて見せてきたが、2度も同じ目に合うほど俺は馬鹿じゃない。

ミラールー『おー!よくかわしたな!』

カスティス『お前の攻撃パターンは把握した。もう勝ち目はないぞ。』

俺だけでも倒せるかと思ったが、こちらにはもう一人仲間がいる。

きっとユイカもミラールーの罠から脱出しているはず。

そうだよなユイカ!

そう思い隣を見てみると。

ユイカ『あー!ショートケーキがたくさんだぁ〜、夢みたーい!全部食べていいんですか!?わーいわーい!』

ユイカは完全に戦力外となっていた。

カスティス『なんでこいつが上級騎士に選ばれてるんだよ。。。おい!ユイカ起きろ!こいつをやるぞ!』

ミラールー『やめておけ、この魔法は自分の意思で抜けてこないと解放されることはない。それかこの俺を倒すかだなぁ。』

カスティス『お前。。。だったら貴様を倒すまでだな。』

近距離戦であれば、俺の方が有利なはず。

カスティス『行くぞ!』

俺は剣を奴めがけて振り下ろした。

カーッン!

カスティス『な、なんだと!?』

俺の剣は振り払われていた。

何が起こったと思い、よく奴を見てみると。。。

カスティス『お前、剣が使えるのか。』

そう、奴の手には剣が握られていた。

ミラールー『あぁ。カスティスよぉ、お前近距離戦なら俺に勝てると思ってただろ。俺はただの魔女じゃない。俺は魔道剣士だ。魔法も使いながら、剣はお前と同等、もしくはそれ以上だな。』

やっかいな相手だ。

剣だけならともかく、魔法まで使ってこられてはこちらの勝ち目はないに等しい。

俺は魔法を使うことはできたない。

ミラールー『それじゃあ次はこっちの番だぜ!』

ミラールーは俺に切りかかってきた。

キーッン!

剣筋がそこら辺の騎士よりも遥かに良い。

これはいよいよまずいな。

ミラールー『おらおらおら!遅いぞカスティス!』

剣で防いでる中に魔法を混ぜてくる。

そのコンビネーションは多くの戦場を経験してきているものが会得するものだった。

ミラールー『おらよ!』

バサッ。

カスティス『クッ、深く切られたな。。。』

血が地面に大量に滴っていた。

このままだと本当にまずい。。。どうすれば。。。

そう悩みながら剣を握っていると誰かが俺の心に話しかけてくる。

【限界だと思っているのか?】

俺は心の中で問い返す。

カスティス『正直戦況は不利な状況だ。この状況を乗り切るのは至難の技だな。』

【お前ならこの状況どう乗り切る?】

カスティス『俺は。。。』

【戦いを放棄してあっさり負けた方が楽ではないか?】

その問いに俺はこう言い切った。

カスティス『俺は。。。俺は聡のために最後まで戦う!この命が尽きるまで!。。。約束したんだ!必ず救い出すと!』

【それがお前の答えなのか?』

カスティス『あぁ、俺はどう言われようと、どんなに不利な状況だろうと、答えは同じ。奴を迎え撃つ!』

【その答えを待っていたんだカスティス。さぁ、もう一度奴に剣を振りかざせ!】

俺は言われるがまま剣を握り直した。

すると俺の剣が光を放っている。

カスティス『これは。。。』

ミラールー『なんだそれ?まぁいい。戦況は変わることなく俺が有利なんだからよー!』

ミラールーはこちらへ迫ってくる。

そして俺は心の声に導かれるようにミラールーに向けて剣を振りかざし。

カスティス『俺は、お前を倒して聡を取り戻すんだ!くらえ!ライトニングブレイド!』

剣を振り下ろすとミラールーに向け光の閃光が向かっていき。

ミラールー『あ。。。どうなってる。。。どうなってやがる!。。。血が、血がー!!』

ミラールーは閃光によって真っ二つに身体が切り裂かれたのだった。

「ー MY REAL STAGE 〜 僕は彼女を死なせない 〜 ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く