話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ー MY REAL STAGE 〜 僕は彼女を死なせない 〜 ー

ルシア・モドロンリ

彼女は死んでしまった

僕は世界一の不幸者と思っていた。

小さな頃に虐待を受け、学校ではいじめられ、12歳の時に親は離婚、離婚と同時に親に捨てられて孤児院へ。
僕は見た目は容姿が良く、頭も良かった為、孤児院の偉い方が僕を若い男好きのお金持ちに高値で売りつけた。

『僕、今日から私が可愛がってあげるからね。』

僕は売りつけられる時に隙を見て逃げ出した。

『おい!待ちなさい!』

必死で走り、山裏に逃げ込んだ。

追っては来たが、なんとか振り切った。

聡『なんで、なんで僕の人生こんななんだよ。。。』

走り続けて、もうここはどこなのかもわからなくなっていた。

ザァー。

雨が降ってきた。

僕は力尽き、倒れ込む。

聡『あぁ、やっと死ねる。。。よかったぁ。。。』

そうして目を閉じた。。。

僕は目を開けるとベッドの上にいた。

隣を見ると知らない女の子がいた。

聡『ここは。。。』

美乃梨『あたしのお家よ。あなたどこからきたの?』

聡『僕は。。。町外れの孤児院から来た。。。』

美乃梨『じゃあそこに電話して迎えに来てもらおっか?』

僕は必死で訴えた。

聡『いやだ!戻るんだったら死んだほうがマシだ!。。。っていうか死なせてくれ。。。殺してくれ。。。』

彼女は頭にクエッションマークをつけていたが、ただ事ではないことを察した。

普通なら怪しむのだが、彼女は驚くべきことを口にする。

美乃梨『それじゃあ、あなた、うちに仕えなさい。』

仕える?僕はどういう意味かわからなかったが、よく見ると部屋が異様に広い。

そして何より彼女にはボディガードのような黒服の男が何名か横にいた。

そう、彼女はどこかのお偉いさんの娘だったのだ。

偶然の出会いにしては出来過ぎだが、まだ小さかった僕はなんの迷いもなく彼女のもとに仕えることになったのだ。

そして彼女のもとで仕えること10年。

僕はすっかり大人になっていた。

美乃梨『聡、話があるんだけど。』

聡『はい!美乃梨様!どうされました?』

美乃梨『聡、あたし聡のこと好きなの。』

聡『はい!僕も美乃梨様のことが1番でございます!』

美乃梨『使用人としてじゃなくて、1人の男としてだよ。。。』

聡『はい!。。。え?えぇ、えー!?』

そして僕らは付き合い始めたのであった。

あれからもう付き合って3年。

僕も彼女も、偶然に同じ25歳。

美乃梨のお父様、お母様は初めは猛反対。

美乃梨は良い企業の社長さんとの結婚を予想されていたが、僕の10年間の使用人としての誠実な姿勢と彼女の意思の固さに根負けし、僕らは来月、結婚することとなったのだ。

僕にこんな幸せがあって良いのか。

ここに来てからは、大変で辛い日々だったが、人として多く成長できたし、そして何より彼女という生きる希望を見つけることができた。

何不自由ない、ただただ幸せな毎日で、これからもそれが続いていく、これからもっと幸せになっていくのだと思っていた。

その時までは。。。

聡『それじゃ、そろそろ帰えろっか。』

美乃梨『うん!うちに帰ろ!うちまで競争だよ聡!』

そう言って彼女は駆け出す。

何気なく横断歩道を渡ろうとすると、すごいスピードで車が右折してきた。

『危ない!』

『え?』

ププーッ。。。ドカーン!!!

人は簡単に命をおとす。

それは50年後、60年後、いや、今この時かもしれない。

この世界では1秒に約1~2人が亡くなっている。

テレビをつければ必ず誰かが命をおとしている。

僕は人の死に対して、可哀想だとか、辛いだろうなどと感じることが出来なかった。

彼女がいなくなるまでは。。。

医者『19時12分。。。御臨終です。。。』

西崎 母『美乃梨ー!どうしてなの!どうしてこんなことになっちゃったのよ!。。。』

聡『み、美乃梨?嘘だよな?目を開けてくれよ。。。美乃梨。。。美乃梨!』

西崎 父『。。。』

【西崎 美乃梨(にしさき みのり)】は僕【二川 聡(ふたかわ さとし)】の彼女だ。



僕がこの世界で生きる意味を教えてくれた女性。




生きる価値を生み出してくれた大切な女性。



大好きな女性。。。




この時僕は、また生きる意味を見失った。。。




聡『お父様、お母様、少し外の風に当たってきてもよろしいでしょうか?。。。』

西崎 父『あぁ、行っといで。』

西崎 母『え、えぇ。聡も、疲れたでしょう。少し心落ち着かせておいで。』

僕は病室を出ると、屋上へ向かった。

【美乃梨。。。待っててね。。。】

屋上へ着くと僕は早速柵を乗り越えて、飛び降りようとする。

聡『たけーなぁ。。。ここなら死ねる。。。』

僕はなんの迷いもなかった。

なぜなら僕の人生はもうとっくの昔に本当は終わっていたのだから。。。

さぁ。。。いこう。。。

しかし、思いもよらないことが起こる。

【死ぬのか?】

僕は閉じていた目を開け、右を見た。

そこには黒いコートにフードをかぶった被った男?が立っていた。

僕は何の疑いも持たず、『はい』と答える。

左にいた白いコートにフードを被った女?が話し出す。

【そっかぁ。だけど彼女はどうするの?残したまま一人でいっちゃうの?】

僕は言っている意味がわからなかった。

聡『あの、どういう意味ですか?』

【それは。。。こういうことだ。】
【それはねぇ。。。こういうことかなぁ。】

そう言うとその男?と女?は見たこともない剣をどこからともなく出し、同時に僕の方へ振りかざしたのであった。

「ー MY REAL STAGE 〜 僕は彼女を死なせない 〜 ー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く