初心者スキル【言語理解】の横に“極致”と載ってるんだが

ibis

59話

「ね~聡ちゃん。このまま歩いて『竜人族ドラゴニュート』の国に行くの~?」

 王宮を後にした聡太たちは──ギルドに寄ってハルピュイアの『ステータスプレート』を作ってもらい、『イマゴール王国』を出た。
 ちなみに、ハルピュイアの『ステータスプレート』の内容は以下の通りである。

====================

名前 ハルピュイア・イリス
年齢 14歳
職業 冒険者
技能 【蹴術“極”】【豪脚】【硬質化】【瞬歩】

====================

「まあ、そうだな……俺が『剛力』を使って、お前らを抱えて走るのが一番早いんだが……」
「あれはちょっと……」
「ってミリアが言うから、こうして歩いてるわけだ」

 本当は、馬車に乗せてもらえたら一番良かったのだが……『十二魔獣』が動き回る世界で、馬車を出してくれる人の方が少ない。
 仕方がない。『十二魔獣』は破壊の象徴で、恐怖の権化だ。
 特に予定もないのに、他種族の国に馬車を出してくれるようなお人好しはいないだろう。

「ん~……ねぇ聡ちゃん」
「なんだ? まさか、疲れたとか言わないよな?」
「違うよ~。あたしが【竜化】して運んだ方が早くないかな~って思ったんだけど~」

 聡太の後ろを歩く火鈴が、のらりくらりとした口調でそんな事を言う。

「【竜化】……って、竜に変身する【技能】だったか?」
「うん。地上にいるモンスターも、地形も無視できるから、かなり早く進めると思うよ~」
「……じゃあ、頼む」
「おっけ~。じゃ、聡ちゃん。ちょっと後ろ向いてて~?」

 火鈴の言葉に、聡太が首を傾げた。

「何でだ?」
「あたしがこのまま【竜化】しちゃったら、着ている服が破けちゃうの~。だから、一回服を脱がないといけないから……ね?」
「……わかった」
「ミリアちゃん。あたしの服を預けてもいいかな~?」
「はい、わかりました」

 聡太が火鈴に背を向け、念のために瞳を閉じた。

「それじゃ──【竜化】」

 ──ボゴッ、ビキッ、ミシミシッ……
 骨が軋むような音と、肉が肥大化するような音が響く。
 ……後ろで何が起きているのか、スゴく気になる。
 もちろん、振り向きはしない。
 火鈴から変態扱いされるのもキツいし……何より、ミリアとハルピュイアに幻滅されるのが一番精神的にしんどい。

「うッ、ォ…………! かハァぁぁ…………!」
「か、カリン? 大丈夫なんですか?」
「わー……! すっごーい!」

 ……うん。メチャクチャ気になる。
 火鈴の気配が物理的に大きくなっているのが、振り返らなくてもわかる。

『……いいよ、聡ちゃん』

 野太い声を聞き、聡太が火鈴の方を振り返った。
 そこには──黒と赤の竜鱗をまとう、黒瞳と赤瞳のドラゴンがいた。

「お前……何がどうなってそうなったんだよ……」
『ん~……さぁ?』

 火鈴は口を開いて話していない。念波のような何かで話している。
 【竜化】の【技能】を使うと、念波が使えるようになるのだろうか──この世界にある【技能】は、まだまだわからない事が多い。

『とりあえず、背中に乗ったら~?』
「ああ……乗るぞ」
「は、はい」
「ハピィ、ミリアを火鈴の背中に乗せてやってくれ」
「おー!」

 ハルピュイアの鳥足がミリアをガッシリと掴み、そのまま火鈴の背中へと飛び上がる。

「方角は東南だ。真っ直ぐ進めば『ギアドバース』に着くはずだから、頼んだぞ」
『任せて~』
「『剛力』」

 筋力を底上げし、火鈴の背中へと跳躍。
 火鈴の首辺りに着地し、赤と黒の鱗を撫でた。

「いいぞ、火鈴」
「ゆ、ゆっくりお願いしますね……?」
「おっしゃー! 行こ行こー!」
『よ〜し……しっかり掴まっててね──!』

 火鈴が大きく翼を打った──瞬間、聡太の全身に凄まじい風圧。
 思わず瞳を閉じ──風圧が弱くなったのを確認して、聡太が瞳を開いた。

「……すっげ……」

 ──高い。
 何もかもが下にある。まるで、飛行機に乗っているかのようだ。

『それじゃあ、行くよ〜』

 再び火鈴が翼を打ち──加速。
 聡太たちが落ちないような速度を考えているのだろう。風圧に飛ばされないように踏ん張る必要はあるが、落ちる心配はない。

「……ほんと、俺以外の奴らの【技能】はチートだな……」

 火鈴の鱗を撫でながら、聡太は無意識の内にそんな事を呟いていた。
 ──勇輝は、近接格闘に特化した【技能】を。
 小鳥遊は【治癒術士】という特殊な【技能】を。
 破闇は、瞬間的に距離を詰める【技能】や幻を作り出す【技能】を。
 土御門は獣の力を得るという特異な【技能】を。
 遠藤は、自身が放った矢が相手を自動追尾する【技能】を。
 宵闇は、自身の影を操る【技能】と瞬間的に距離を詰める【技能】を。
 水面と氷室は、壁を召喚する【技能】と魔力回復の【技能】を。
 川上先生は……まあ、微妙な所だが。
 剣ヶ崎? アイツは論外だ。

『チートね~……あたしからすれば、聡ちゃんが一番チートだと思うけどな~?』

 聡太の呟きが聞こえていたのか、火鈴が念波で話し掛けてくる。

「……なんでそう思うんだ?」
『ん~? 近接戦闘の【技能】を使っての勝負だったら、聡ちゃんが一番強かったし~。【無限魔力】もあったから、魔法も撃ち放題だったでしょ~? 正直、剣ヶ崎くんより聡ちゃんの方が強かったよ~』

 一定の速度を保ったまま飛ぶ火鈴の言葉に、聡太は過去を思い出すように瞳を細めた。
 ──いや、【技能】を使っての勝負だったら、宵闇にも負けていたような覚えがあるのだが。

「……まあ、もうそんな事はどうでもいい。とっとと『ギアドバース』に行って、今度の行動を考えるぞ」

────────────────────

「──教皇、グローリア・フィリアーナ。王国騎士団隊長、セシル・ソルドリア。ここに呼ばれた理由はわかるな?」

 豪華な椅子に深く腰掛ける金髪の男が、頬杖を突きながらグローリアとセシルに問い掛ける。

「……申し訳ございません、エクステリオン様。我々程度には、あなた様の考えがわかりません」

 ──エクステリオン=ゼナ・アポワード。
 『イマゴール王国』を治める国王だ。
 グローリアの返答を聞いたエクステリオンは、心底呆れたようなため息を吐き……冷たい碧眼を鋭く細めた。

「お前は、私が『アーダンディルグ』に行っている間に、勝手に勇者を召喚した……その内の一人が、『大罪迷宮』を攻略している最中に迷宮の深層へ落ちた……そうだったな?」
「はい。以前にお話しした通りでございます」
「……ソイツは、生きていたのだろう?」
「はい。自力で『大罪迷宮』を抜け出し……『十二魔獣』を三匹も討伐して、ここに戻ってきました」
「──何故、私の所に挨拶させに来ない?」

 なるほど──聡太が挨拶しに来なかったのが不満なのだろう。
 だが、もう聡太はいない。
 セシルが渡した『魔道具アーティファクト』で聡太を呼び戻したとしても──戻ってこないだろう。

「……勇者と言っても、所詮は子どもという事か……今回は見逃すが、次からは気を付けろ」
「はっ」
「次の話だ──この国の近くに『十二魔獣』がいたという情報は、本当か?」

 エクステリオンの言葉に、グローリアが頷いた。

「はい。その『十二魔獣』も、ソータによって撃退されましたが……」
「そういう問題ではないだろう」

 玉座から立ち上がり、グローリアに向かって歩みを進める。

「聞いた話だと、そのソータという勇者は『十二魔獣』を何度も討伐しているが……他の勇者は、特に成果を挙げていないそうではないか」
「……はい」
「勇者たちの暮らしていた世界には、働かざる者食うべからずという言葉があるそうだ。ならば──成果を挙げない勇者を、ここで養う必要はないだろう?」

 グローリアと正面から向かい合い、冷たい碧眼で見下ろす。

「教皇、グローリア・フィリアーナ。王国騎士団隊長、セシル・ソルドリア。お前ら二人に命令だ」

 バッと、グローリアとセシルがその場にひざまずいた。

「勇者一行いっこうを鍛えろ。今までのような生半可な鍛え方では足りん。そして、成果を挙げさせろ。このままだと、飯を食わせて寝る場所を提供しているだけになるからな」
「「はっ」」

 うやうやしく頭を下げ、グローリアとセシルが玉座の間を後にした。

「……はぁ……」
「そう肩を落とすな、セシル隊長」
「……自分は、勇者たちとの接し方を改めるべきなんでしょうか」

 落ち込んだ様子で歩くセシルが、珍しく弱音とも取れる言葉を漏らす。
 そんなセシルの肩に、グローリアがポンと手を置いた。

「大丈夫だ、お前は間違っていない」
「……そうでしょうか」
「ああ。ソータが異常なだけだ」

 しかし──エクステリオンから命令された以上、現状をどうにかする必要があるだろう。
 一度、勇者一行で『十二魔獣』を探すのも悪くないのかも知れない──そんな事を考えながら、グローリアとセシルはいつもの大広間に向かった。

「初心者スキル【言語理解】の横に“極致”と載ってるんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く