初心者スキル【言語理解】の横に“極致”と載ってるんだが

ibis

53話

「ミリア、ハピィ。絶対に殺すなよ」
「はい」
「おー!」

 顔を『憤怒のお面』で隠す聡太が、全身から尋常ならざる覇気を放ち始める。
 ……セシル隊長は手を出すつもりはないのか、川上先生とグローリアを守るようにして立っている。
 一触即発の空気……と、鋭い声が静寂を破った。

「【部分獣化】ッ!」
「【瞬歩】」

 土御門の脚部が大虎のように巨大化し、脚力を爆発させて聡太に突っ込んだ。
 破闇が【瞬歩】を発動し、瞬く間に聡太との距離を詰めた。
 そんな二人を見て、聡太は……少し、失望した。
 いきなり突っ込むなんて、バカなのだろうか? もし相手が《月に吼える魔獣パルハーラ》だったら、一瞬で殺されているぞ?

「『第二重ツヴァイ・魔障マジック・結界バリア』」

 聡太の目の前に、緑色の結界が現れる。
 破闇と土御門が結界にぶつかり、勢いを殺された──瞬間、ミリアが魔法を解除する。
 なんで魔法を解除したのか──と。

「【豪脚】、【硬質化】!」

 結界が消えると同時、ハルピュイアが土御門に飛び掛かった。
 両足を硬質化させ、土御門を蹴り飛ばさんと足を振り上げ──

「「「【障壁】っ!」」」

 ハルピュイアが土御門を蹴る直前、分厚い結界が現れる。小鳥遊に氷室、水面の【技能】だ。
 土御門を守るようにして現れたそれは──だがハルピュイアの蹴りを受け、粉々に砕け散った。

「ぇ……一撃……?!」
「小鳥遊さん回復の準備! 『ウル・アイス・ランス』っ!」
「『ウル・アクア・ストーム』……!」
「うっ、『ウル・ウィンド・インパクト』!」

 絶句する小鳥遊を叱咤する氷室が、危険を感じて氷の槍を出現させ、勢いよく放った。
 氷室に続いて、水面が水の渦を放ち、遠藤が風の塊を飛ばした。
 ハルピュイアを狙って迫る魔法……急所は避けているだろうが、重傷になる事は間違いないだろう。
 誰もがハルピュイアが血塗れになる光景を幻視した──が。

「『第四重フィーア・絶対アブソリュート結界・シルド』」

 ハルピュイアを囲うようにして現れた黄色の結界が、迫る魔法を無効化した。
 ウル級の魔法をあれほど簡単に無効化するなど……と、氷室の顔が絶望に染まる。

「……私がいる限り、二人には傷一つ負わせませんよ」

 結界を出現させた少女を見て、その場にいた生徒全員が警戒を深めた。
 聡太とハルピュイアを攻撃するには、ミリアをどうにかするしかない。
 誰もがそう思い、一番近くにいた破闇が刀を構えて飛びかかった。
 それに合わせて、ミリアが【蒼炎魔法】を使おうとするが──その前に、聡太が立ち塞がった。

「まあ待てミリア。蒼炎とか使ったら、コイツら死んじまうだろ」
「古河君……退きなさい」
「退くわけねぇだろ……ミリア、お前は蒼炎で身を守れ。攻撃はするな」
「……わかりました。『蒼龍の咆哮ブレス・オブ・ドラゴニア』」

 ミリアの唇が魔法名を呟き──ミリアを囲うようにして、蒼炎の龍が現れる。

「ミリアー! 魔法解除してよー!」
「あ、ごめんなさい」
「ふッ! しぃッ!」
「よっ、ほっ」
「古河、悪いがやられてくれ!」

 破闇の刀を避ける聡太……と、聖剣を構えた剣ヶ崎が突っ込んできた。

「シルフッ! サラマンダーッ!」
『ああ! やってやろうぜ!』
『……仕方がない』
「『スピリット・ブレイド』ッ!」

 聖剣に炎が宿り、風と共に放たれた。
 剣ヶ崎の横を通り抜け、宵闇が槍を構えて突っ込んでくるのも見える。
 一瞬、『嵐壁』を使うか考えるが……建物をぶっ壊して生き埋めにしてしまう可能性もある。
 そう判断し、聡太が刀を持っている方と反対側の手を上に向けた。

「『黒重』」
「うっ──?!」
「なっ、ぐぅ……?!」

 剣ヶ崎と宵闇が膝を突き、身動き一つ取れなくなる。
 凄まじい威力を持っているであろう剣ヶ崎の攻撃も、『黒重』の影響を受けて軌道を曲げられ──床に激突し、ボシュッと音を立てて霧散した。

「お前も転がってろ」
「えっ──うっ?!」

 聡太が破闇を蹴り飛ばし──破闇が『黒重』の範囲内に転がった。
 すると当然、破闇にも『黒重』の影響が出るわけで。

「これっ、はぁ……?!」
「ちょっと大人しくしてろ」

 何が起こっているのかわかっていない三人の横を通り抜け、聡太が小鳥遊たちに近づいた。
 歩み寄る強者を前に、小鳥遊たちが助けを求めるように土御門の方を見るが──

「よいしょー!」
「チッ……! クソがァ……!」

 両腕両足を大虎に変えた土御門が、ハルピュイアを相手に苦戦している。

「まだまだー! 【豪脚】!」
「なっ──ぐゥ?!」
「【瞬歩】っ!」
「ぐふッ──」

 軽々と土御門を蹴り飛ばし──壁に激突した土御門との距離を詰め、その腹部を思い切り踏み付けた。
 土御門の肺から強制的に空気が吐き出され──そのままぐったりと動かなくなる。

「さてさて……こんな感じだな」

 重力によって動けなくなった剣ヶ崎、破闇、宵闇。ハルピュイアの蹴撃を受け、激痛で動けなくなった土御門。
 圧倒的な力を持っている前衛の四人が、こうも簡単に無力化されるとは。

「お前らは強い。確かに強いさ。だけどな、俺の方がもっと強い。お前ら程度……数秒あれば、

 聡太の冷たい声に、全員の表情が強張こわばる。
 『黒重』を解除し、聡太たちが王宮を後にする──と、勇輝が聡太を呼び止めた。

「──聡太ッ!」

 聞き慣れた親友の声に、聡太は歩みを止めた。
 そういえば、勇輝は俺を止めようとしなかったな──そんな事を思いながら、ゆっくりと振り返った。
 小学時代からの親友は、強面こわもての顔に笑みを浮かべ、グッと親指を立ててきた。

「……生きててくれて、ありがとな!」
「…………!」

 勇輝の言葉に、聡太は驚いたように目を見開き──急に笑い出した。

「ふっ──ははははははっ! ……はぁ……なんでお前が俺に礼を言うんだよ。わけわかんねぇ奴だな」
「う、うるせぇよ! お前も相変わらず笑いのツボが変な奴だな!」
「…………んじゃ、またな、勇輝」
「……おう!」

 お互いに言葉を交わし、聡太たちが今度こそ王宮を出ようと──した所で。

「──聡ちゃん!」
「……火鈴か」

 今までどこに行っていたのか、息を切らしながら火鈴が聡太に近づく。
 ……その手には、バックパックが握られている。

「聡ちゃん……あたし──」
「無理だ」
「えっ…………ねぇ、せめて最後まで聞いてくれないかな~?」
「……じゃあ、最後まで言ってみろ」

 持っていたバックパックを下ろし、火鈴が聡太の手を握る。

「……あたしも、聡ちゃんたちと一緒に連れて行って」
「無理だ」
「な、なんで?! あたし、すごく強くなったんだよ?! 役に立つよ?!」

 聡太の腕を掴み、ぶんぶんと振り回す。
 救いを求めるように、聡太は勇輝の方を見た。
 そんな聡太の視線を受け──勇輝はニイッと笑い、援護射撃を放った。
 ただし、火鈴を助けるための援護射撃だ。

「本当だぜ聡太。獄炎、スッゲェ強くなったんだぜ? それこそ、オレらの中じゃ一番つえぇ」
「お前に救いを求めたのが間違いだった」
「実際、【技能】有りの戦いだったらオレも勝てねぇしよ。連れて行ってやってもいいんじゃねぇのか?」
「あのなぁ……」

 ガシガシと乱暴に頭を掻き──何かを思い付いたのか、正面から火鈴を見据えた。

「……なら、勝負をしよう」
「勝負?」
「ああ。ルールは簡単だ。俺とお前、一対一で戦う。俺に一撃でも入れる事ができればお前の勝ち。これでどうだ?」

 聡太の提案に、ミリアたち以外は驚愕に目を見開いた。
 ──いくらなんでも、舐めすぎである。
 対象的に、ミリアたちは……同情の眼差しを向けた。
 ああ、聡太は──ここにいる全員に、力の差を見せ付ける気だ、と。

「……あたしの負けは?」
「そうだな……お前が降参したら、お前の負けだ。それでいいだろ?」
「時間制限はないの〜?」
「ない。お前が降参するか、俺が一撃食らうまで……永遠に続ける」

 数秒、火鈴が色違いの瞳を閉じ……やがて、ゆっくりと開いた。

「……いいよ〜。じゃあ、やろっか」
「ああ。セシル隊長、訓練所を貸してくれ」

「初心者スキル【言語理解】の横に“極致”と載ってるんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く