初心者スキル【言語理解】の横に“極致”と載ってるんだが

ibis

17話

 ──聡太が『大罪迷宮』の深下層に落ちて……1週間ほど経過した。
 明確な時間は、太陽や時計がないこの場所ではわからない。

「ギャギャァァァアアアアアアアアアッッ!!」
「──しィッッ!!」
「ギャオッ──?!」

 振り下ろされる小さな棍棒を避け、聡太が化物の喉元に刀を振るい──喉元を斬り裂かれ、最後の1匹が地面に沈んだ。

「まさか迷宮の中にもゴブリンがいるなんてな……」

 赤色の布切れをふところから取り出し、刀に付着した血を慣れた様子で拭き取った。
 『大罪迷宮』の深下層に落ちた日から……さらに5層ほど下に降りている。
 下に続く階段は見つけられるのだが……上に続く階段だけは1回も見つけていない。
 何か特殊な方法を使わないと、深下層には来れないのだろうか?

「さて……そんじゃ──“燃えろ炎。われが望むは暗闇を照らす灯り”『フレア・ライト』」

 迷宮の床の上に転がるゴブリンの死体を1ヶ所に集め──『炎魔法』を発動。
 死体の山が炎に包まれ──辺りに異臭が充満する。
 そんな異臭が気にならないのか、表情1つ変える事なく『桜花』で死体を斬り刻んだ。

「……いただきます」

 その場に座り込み──斬り刻んだゴブリンを口に放り込んだ。
 筋っぽく固い肉を噛み千切り……口の中に広がる生臭い匂いと味に吐き気を感じながら、飲み込んだ。

「──はぁっ! ……ああクソ……何度食ってもクソマズイな……!」

 涙目になりながら、さらにゴブリンを食らう。
 ──さすがに1週間近くも経過すれば、人間誰でも腹が減る。
 そう思い、何日か前からモンスターを食らい始め……こんな感じになりながら、どうにか空腹を満たして生き延びている。

「……ん」

 一心不乱に肉を食らっていた聡太が、ゆっくりと視線を上げた。
 ──【気配感知“広域”】に反応があった。
 口の中の肉を一気に飲み込み、『桜花』を手に取って立ち上がった。

「……20……? いや、30以上か……?」

 『大罪迷宮』の中で群れを成すモンスターは……聡太が出会っただけで、3種類いる。
 まず、深下層に落ちて最初に出会った黒い狼、ダークウルフ。奇妙な隊列を組んで襲ってきたカブトムシのようなモンスター、キラービートル。
 そして、たった今殺したゴブリン。
 だが、30を越えるモンスターの群れなど……今まで見た事がない。

「……新種のモンスターか……?」

 集中を深め、【気配感知“広域”】の範囲をさらに広げた。
 ──どんどん増える。それも、真っ直ぐこちらへと向かって来ている。

「……“燃えろ炎。我が望むは炎の槍”」

 いつでも炎の槍を放てるように詠唱を済ませ、聡太は迷宮の奥へと進んだ。
 ──バタバタバタ。
 何やら、慌ただしい足音が聞こえ始めた。

「キャァァァアアアアアッッ!!」
「ギャオオオオオオオオオオッッ!!」
「──『ファイア・ランス』」

 モンスターの姿を見つけた瞬間、聡太は魔法名を呟いた。
 その瞬間、虚空に赤い魔法陣がいくつも浮かび上がり──炎槍が放たれる。
 暴力的とも言える無数の炎槍は、近づいてくる気配全てを焼き殺した。

「……なんだ。新種のモンスターかと思えば……」

 聡太を襲ってきたのは、ゴブリンだった。
 しかし、よくよく見れば普通のゴブリンよりもゴツい。
 ──ホブゴブリン。人間と同等程度の頭脳を持つ、ゴブリンの上位個体。
 まさか、【気配感知“広域”】に反応がある気配全てがゴブリンなのだろうか。

「…………ゴブリン程度が、この『大罪迷宮』の中に……?」

 何故だろうか、違和感を感じる。
 ゴブリンは……正直1対1の戦いならば、一般人でも充分に戦える。武器の心得を持つ者なら、負ける事は滅多にないだろう。
 そんなゴブリンが、ダークウルフやキラービートル、オーガなどの狂暴なモンスターが徘徊する深下層に棲息するだろうか?

「……ま、行ってみればわかるか」

 『桜花』を鞘へと収め、【気配感知“広域”】を発動させたまま『大罪迷宮』の奥へと進んだ。

────────────────────

 ──時は少々さかのぼり、聡太が『大罪迷宮』の深下層へと落ちた日の午後。

「──グローリア様……ただいま、帰還しました」

 王宮の謁見えっけんの間。
 勇輝たちは……何とか『イマゴール王国』へ帰ってくる事ができた。

「む。帰ってきたかセシル隊長。早速で悪いが──」
「ちょっと待ってください」

 グローリアの言葉をさえぎり、生徒に歩み寄る女性──川上先生だ。

「……古河君は、どこですか?」
「なっ……?! セシル隊長、どういう事だ?」

 川上先生の言葉でようやく気づいたのか、グローリアが表情を変えた。
 ……拳を強く握るセシル隊長から、返事はない。

「答えろセシル隊長。ソータはどこだ」
「……申し訳、ございません……フルカワ・ソータは…………」
「……殺されたのか?」

 声を震わせて問い掛けるグローリアに──セシル隊長は、ただ顔をうつむかせた。
 無言でセシル隊長の言葉を待つグローリア……と、セシル隊長とは別の人物が問い掛けに答えた。

「殺されました。迷宮攻略に付いて来た騎士たちの手によって」
「剣ヶ崎ィ……! てめェ、何言ってやがンだァ?!」

 剣ヶ崎の言葉を聞いた土御門が、表情を怒りに染めて怒声を上げた。

「何勝手に古河を殺してやがンだてめェコラァッ! アイツがそう簡単に死ぬわけねェだろうがァッ! あンまりふざけた事言ってっとぶン殴るぞォッ?!」
「現実を見るんだ土御門。キミもわかってるはずだ。あの状況で、古河が生きているなんて──」
「オイ……マジでいい加減にしとけよてめェ……ぶっ殺されてェのかァ……!」
「ボクを殴る事でキミの怒りが収まるのなら、いくらでも殴ればいい。ボクは間違った事を言っていない」
「討魔ッ! なんて事を言ってるのッ!」

 さすがに我慢の限界が来たのか、破闇が鋭い声を飛ばした。
 だが──止めるには少々遅すぎた。
 ──ビキビキ……ミシミシッ……
 土御門の両腕が、大虎の腕に変化し始める。
 瞳に怒りを乗せ、土御門が大股で剣ヶ崎に詰め寄る。どうやら、本気の一撃を剣ヶ崎に叩き込むつもりらしい。

「悪かったわ土御門君。討魔も悪気わるぎがあって言ったんじゃないの。だから落ち着いて。今私たちが喧嘩したって、何の解決にもならないわ」
「ボクは間違っていない。考えを改めるべきは土御門だ」
「上等じゃねェかてめェ……! そンなに喧嘩してェならぶっ飛ばしてやるよォ……!」

 破闇の制止を無視して、土御門がどんどん剣ヶ崎に近づく。
 残り数歩で完全にゼロ距離になる──直前、土御門の前に少女が立ちはだかった。

「……虎之介……落ち、着いて……冷静、に……なっ、て……」
「……………」

 無言で水面を見下ろし──再び、ビキビキという音が聞こえ始める。
 土御門の両腕が少しずつ収縮し──元の土御門の腕に戻った。

「……討魔。あなたも少し落ち着きなさい」
「……だけど、ボクは──」
「聡ちゃんは、生きてるよ~……」

 全員の視線が、一人の少女に向けられる。

「生きてるの……絶対に」

 深い絶望を宿した瞳が、ゆっくりと正面に向けられた。
 いつもの火鈴からは考えられない表情に、その場にいた全員が思わず息を呑んだ。

「聡ちゃんはあたしが絶対に見つける……セシル隊長、明日も『大罪迷宮』に行こ~……?」
「だ、だが……しかし……」
「オレも行くぜ、獄炎」

 今まで黙っていた勇輝が、火鈴の隣に並んだ。

「聡太はオレの親友だ。アイツが諦めの悪い人間だって知ってる。それに、アイツは強いからな。絶対に生きてる」
「ユーキ……」
「オレも行くぜェ。オレがもっと強けりゃァ、あの木の化物を古河に任せっきりにする事ァなかったンだァ……もっと強くなってェ、古河を連れ戻してやらァ」
「虎之介と同じく、だな。あの木のモンスターも古河の戦いを見て……次元が違うと感じてしまった。古河は、俺たちになくてはならない存在だ」
「と、虎之介と影人が行くなら、僕も行くよ」
「……へェ……星矢がそう言うたァ予想外だったなァ……怖くねェのかよォ」
「ふっ、ふふ古河君には、命を助けてもらったんだ。だから……ちゃんと生きて、お礼を言いたい」

 土御門が勇輝の肩に手を置き、不敵で獰猛な笑みを浮かべた。

「……虎之介、が……行く、なら……私、も……行く……!」
「私も行くわ。彼がいないと……火鈴が悲しむからね」
「……本当、は……火鈴、が……心配、なんでしょ……?」
「う、うるさいわね。別に理由は何でもいいでしょ」
「な、何を言ってるんですか皆さん! そんなの先生絶対に許しませんよ!」

 熱の入った生徒を、先生として止めるべき──そう川上先生が思うのも無理はない。
 だが、その前に剣ヶ崎が立ち塞がった。

「……諦めましょう、川上先生。みんな、もう止まりません」
「だからって……! だからって、これ以上の犠牲は──」
「まだ古河が死んだとは決まってません……そうだろう、土御門っ!」
「あァ。ンなの古河の死体見てから言えってンだよォ」
「……やっと冷静になったわね、討魔」
「ああ……ごめんみんな。不安になるような事ばかり言って」

 瞳に強い力を宿し、腰に下げていた聖剣を抜いて掲げた。

「ボクは自惚うぬぼれていた。大した力も持っていないのに、勇者と呼ばれて調子に乗って……その結果、あの出来事を招いてしまった。ボクは必ず古河を見つけ出して、みんなで元の世界に帰る! 手伝ってくれるか、光、優子!」
「えぇ。もちろんよ」
「ま、任せて!」

 ここまで来たら止まらない。止まれない。
 全員、死ぬという恐怖を理解した上での覚悟だ。川上先生が何を言っても『大罪迷宮』に行くだろう。

「カワカミ殿」
「せ、セシルさんからも何か言ってください! このままだと──」
「頼む。もう一度だけ彼らを俺に任せてくれないか。もう二度と犠牲者は出さないと約束する」

 セシル隊長の言葉に、川上先生は言葉を詰まらせ──諦めたように肩を落とした。

「………………わかりました……ただし、次はないですからね」
「この剣に誓って」

 川上先生の前にひざまずき、剣を抜いて敬礼する。

「セシル隊長、指示をお願いします。ボクらを……導いてください」
「……ああ。聞けお前らッ! 今回の出来事は我々騎士団の失態だ! よって明日からは、お前たち10人と俺だけで『大罪迷宮』に向かうッ! いいなッ!」

 セシル隊長の言葉に、全員が無言で頷く。

「しばらくの目的はソータの捜索だ! 必ず見つけて、連れ戻すぞッ!」
「「「おおッ!」」」

「初心者スキル【言語理解】の横に“極致”と載ってるんだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く